読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫の手作りごはんレシピ(鶏ハツ)

猫の手作りごはんレシピ(鶏ハツ)編をお届けします!

この記事を書いているのは、naomiです。

毎日たくさんのクリックありがとうございます!人気ブログランキングへ

猫の手作りごはんレシピ、今回取り扱う食材は、鶏ハツです!内臓系のお肉も、猫にはいいと言われていますが、この動画では、鶏ハツを使っていますが、砂肝、レバーなども使ってみたりもしています。

そして、わが家では、内臓系の肉を使うときは、いつも、胸肉だとか、豚肉、牛やラム肉など、他のメインのお肉と合わせて、猫の手作りごはんを作るようにしています。

まずは、動画を御覧ください。

鶏のハツは、ご存知のとおり、心臓で、別名「ココロ」とも呼ばれています。

普通は焼き鳥などに使われる部位です!100gで207kcalと、ちょっとカロリーが高めです!今回わが家で使ったものは、きちんと、脂身の部分を取り除いて、出来るだけカロリーをおさえて使いました。

*鶏の心臓(ハツ)

f:id:mo88mo:20150324094838j:plain

ビタミンAとB2、鉄分が多い食材で、タンパク質よりも脂質が多く、猫に脂質は重要なので、ちょうどいい食材でもあるといえます。

そして、一緒に胸肉をトッピングしたのは、タンパク質の量を考慮したからです。

やはり、鶏の胸肉は、ハツとは逆に、タンパク質が豊富で、脂質が少なめなので、トッピングとしては、お互いの栄養素をうまく組み合わせて、足りないものをカバーできる食材同士なので、相性も良いと考えられます。

食感はコリコリした感じで、美味しい食材でもあり、モモもよく食べてくれるので、時々トッピングで使って、手作り猫ごはんにしています。

スーパーなどでも手軽に買えるだけではなく、安いので、お手軽に食べられる栄養素でもありますね!

猫の手作りごはんレシピ、今回は鶏のハツでした!

スポンサーリンク