読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫に服はストレス?

猫に服を着せるとストレスになるのでしょうか?

毎日たくさんのクリックありがとうございます。人気ブログランキングへ

こんにちは、記事担当のnaomiです!今回は、猫に服を着せることは、ストレスになるのか?といった情報をまとめていきたいと思います。

このブログを読んでくださっている方なら、御存知の通り、わが家の保護猫モモは、犬用のsサイズの服を着てくれます。 

 最初は、ストレスを感じたのか、ハーネスを付ける時、抵抗して嫌がったこともありましたが、保護した時期が早く、私達家族を、どうやら同じ猫族だと信じて疑わないモモは、意外とすんなりと、服を着てくれ、その姿がまた、家族馬鹿ですが(笑)、可愛くて、「モモさんかわいい」と、思わず感嘆の声をあげてしまったほどです(アホでスイマセン)。

スポンサーリンク

 

元々、子供の頃から猫と一緒に暮らしてきた夫や、もちろん私にとっても、猫に服を着せるといった考えは、野生に対する冒涜だろうといった考えや、服を着せるという概念自体がなかったので、モモがやってくるまで、猫だけではなく、犬に洋服を着せて歩いている飼い主を見ると、不思議な気分になってしまっていたのですが、やはり、保護猫を家族として迎え入れて、その猫がどうやら進化型の、これまでの猫と違った習性や、仕草などを見せることや、家族となったことで、とても可愛いといった気持ちが強くなったなどの理由もあり、猫に服を着せてみようと思ったのです!そもそものきっかけは、避妊手術をした時に、包帯がどうしても動くとズレてしまうため、ピンクの可愛らしい腹巻きをつけて、ズレないようにしてあげた姿が、あまりにも可愛かったため、2人で、ちょっと着せてみようか?と言い出して、まずはハーネスで練習した後に、着ない可能性も考えて、まずは100円ショップに置いてある、安い洋服をゲットして着せてみたところ、意外とすんなりと受け入れてくれたので、着せるようになったのです。

この動画の洋服は、ペットショップで購入したものです!

動画を見ると、嫌がっているように見えるかもしれませんが、これは、いつもモモがやる仕草で、遊んでもらっていると勘違いをしていて、ああやって動いているので、私達的には、問題ないと判断しています。

そもそも、猫は服を着てストレスを感じるのか?これは、どうやらその子によって、違いがあるようですが、ほとんどの猫は、どうやら服を着せられると、ストレスを感じるようで、その場から動かなくなるとか、おとなしくなる子は、やはりストレスを感じていると、考えられるようです。

猫によっては、自分で服を脱いでしまう器用な子もいて、飼い主さんが可愛がる気持ちで、服を着せようとしても、嫌がるといった子もいる、といった情報は多く出ています。

そういう猫は、無理に服を着せると、ストレスを感じるタイプの子なので、スパッと諦めたほうがいいようです。

わが家では、1日じゅうモモに服を着せているわけではありません!一日のうち数時間ほどだけ着せて、ストレスにならないよう、気を配っています。

猫は、毛づくろいをしますから、服を着せると、それが出来ません、そうすると、やはりストレスとなると考え、普段でも、着せている時間は短めにして、さらには、どこかにひっかけてしまい、首をつってしまったりする危険なども考慮して、私達は、自分たちが家にいる間だけ、服を着せるようにしています。

ここからは、猫に服を着せるメリットと、デメリットについてまとめていきたいと思います。

実は、デメリットには、毛並みが悪くなることや、服を齧ったり、ついているアクセサリー等を、誤食してしまう場合があること、さらには、やはり、嫌がらないようだと、飼い主が思っていても、長時間着せていると、ストレスになる場合もあるようですから、そうなると、そのストレスが原因となって、他の病気を併発してしまう可能性も出てきますので、この辺り、飼い主さんと愛猫との、塩梅が大事となるようです!ですから、誤食しないような、シンプルなデザインのものを選んであげたり、動きづらそうにしていないか、サイズなどが合っているかといった状態にまで、気を配ってあげることは、とても重要となるようです!ちなみに、メリットですが、モモの避妊手術の後もそうでしたが、体が弱ってしまった時や、手術後、怪我をした後、元々皮膚の弱い子などは、服を着せることで保護になります。

手術後の傷口が気になって、舐めてしまう子もいますから、服を嫌がらないタイプの子なら、着せることで、傷口が開くことを防げます。

そして、シニア猫になると、体温調整が低下してしまうので、防寒のために、服を着せる方もいらっしゃるようで、これは、獣医さんも、風邪予防などにもなるので、服を着ることが、ストレスにならない猫には、すすめているようですが、ただ、モモのように、小さなうちから服を着せる習慣がないと、シニアになって、寒がっているからと、無理に服を着せると、逆にストレスとなる場合もあるようですから、ここもまた、注意が必要だということのようです。

シニアになったときに、体温調整が低下した時のために、嫌がらない猫であれば、服を着せる習慣をつけてあげることは、長い目でみたら、利点にもなるといった情報もあるようです!ただ、やはり、猫や犬には、立派な被毛がありますので、基本はこれだけで十分であると、私達も思っています。

自分の家の猫が、嫌がらない、ストレスを感じている様子は見られないのなら、短時間、猫に洋服を着せてあげて、スキンシップを取ったり、シニアになったときの、防寒対策への事前準備をしていると考えながら、そのような生活水タイルをとりいれても、おかしくはないとは、個人的には思います。

ただ、猫はとても繊細な生き物です!ですから、ストレスを感じやすいので、きちんと様子を見て、服を着せても、楽しそうにしていたり、嫌がったり、ストレスを感じているようには見えないのなら、短時間だけ着せるようにしてあげてください。

毛づくろいも、猫の仕事のうちです!それを邪魔しない程度に、服を着せることがストレスになっていない猫なら、着替えさせても大丈夫なのかなと思っています。

f:id:mo88mo:20150401153742j:plain

他に私達が気をつけていることは、耳に服がかからないようにすること、何故なら、モモは、フードを耳にかぶせた時、とても嫌がったため、やはり、猫にとって、耳はセンサーでもあるので、塞がれるのが嫌なのだと分かったので、気をつけるようにしています、他には、サイズがきちんと合っているかどうかを確かめること、服を着た状態で、動きにくそうにしていないかどうか?といった、細かいですが、モモが少しでもストレスを感じる要素があるものは、出来る限り排除していきたいと考えているので、その辺りは、よく観察して、一緒に過ごすようにしています!最近では、いろんな進化型の猫がいますから、帽子なども販売されていて、服だけではなく、首輪をちょっと大きめに作って、服ではないけれど、可愛らしいデザインのものを販売しているところもあるようです。

モモはダメでしたが、帽子をかぶせても、大丈夫な子もいるようです!そして、個人的には、夏場に、猫に服を着せるのは、おすすめ出来ないと思います。

もちろん暑いからです、よっぽど、空調管理が、バッチリされているような環境で暮らしている猫なら、少しの間着せるには、その子がストレスを感じていないようなら、大丈夫であるとは思いますが、そうでなければ、夏場の服は、猫にとって大変なストレスになるだけではなく、迷惑でもあると思いますので、これは避けたい選択です。

最近では、手術後にエリザベス・カラーを付けるより、服を着せていたほうがいいといった見解もあり、猫が傷をなめたりしないよう、手作りで服を作る方もいるようです!個人的には、確かにモモが服を着ている姿は可愛いけれど、野生の本能を忘れさせない程度に、毛づくろいの邪魔にならない程度に、着せて可愛がっていればいいかなと思っています。

考え方はそれぞれです、モモにとって、今のところはストレスとなっていないようなので、このような選択をしながら、わが家では、猫と一緒に楽しく暮らしています!うちは家猫ですが、外に出て行く猫に、洋服を着せるのは危険でもありますから、これは辞めたほうがいいかと、個人的には思います。

何故なら、外で遊んでいて、どこかにひっかけてしまい、宙吊りにでもなったら大変です!基本的には、被毛で十分だと、私達も考えています、ですから、猫の様子を見て、こういったことは、飼い主さんの選択で、決めていかれるといいかと思います。

猫に服はストレスなのか?その子によるようです、気にって着てくれる子もいるし、嫌がる子もいますので、その辺り、見極めは個人個人でお願いいたします。

スポンサーリンク