読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫の手作りごはんレシピ(魚、真ダラ)

今回は猫の手作りごはんレシピ(魚、真ダラ)編をお届けします!

いつもブログを読んでいただいてありがとうございます人気ブログランキングへ

気がつけば、4月に入ってしまいましたね、生活スタイルに、変化が訪れている方も多いかもしれませんが、他人のために無理せず、どうぞご自愛くださいね、記事担当のnaomiです!

今回の、猫の手作りごはんレシピは、魚の真ダラ編です!実は、スケソウダラを使ったレシピのほうが、モモにはウケが良かったのです!猫もやはり、切り身よりも、新鮮な一匹丸ごと購入した魚のほうが、美味しいと感じるようです!舌の肥えた猫に育ってしまいましたが(汗)、家族ですから、人間と同じように、美味しいものを分けあって生きる姿勢は、今後も、貫きたいと思います!それでは、動画からどうぞ!

材料のおさらい、真ダラ、わかめとひじき、海の幸満載のレシピですよね!まずは、真ダラの栄養から、タンパク質が豊富で、脂肪分が少ないので、肥満の猫におすすめの食材!胃腸が弱い猫や人間も、無理なく食べられる、消化にいい魚です。

ビタミンやミネラルは、青魚に比べたら少ないのですが、まんべんなく含まれています。

ビタミンDが比較的多く、カロリーは、100g77kcalと低いので、ダイエット中の人間&猫に、ピッタリの食材でもあります。

真ダラの産地は、主に青森や北海道で、大きいものだと、なんと!1m以上のものもいるようです!真ダラからとれる白子は、菊子と呼ばれていて、とてもコクが合って美味しいので、高級品として扱われていて、旬は12月~2月の寒い時期です!脂質が非常に少ないことでも有名ですが、100g中に、わずか0・2gほどしか入っていないため、猫に必要な必須脂肪酸を補うために、えごま油を入れました。

f:id:mo88mo:20150403083742j:plain

真ダラのゆで汁も入れてあげると、猫には重要な水分や、真ダラを茹でた時に出た、栄養成分を、身体に取り入れることが出来ます。

わかめなどの海藻類は、マグネシウムが多いので、あまり食べさせ過ぎないように気をつけてください。

猫がマグネシウム過剰になると、尿結石や、腎臓病を引き起こしてしまうのです!猫は、デトックス作用が弱い生き物なので、過剰なマグネシウムは、腎臓だけではなく、肝臓にも良くありませんが、微量であれば、骨や歯の形成や、神経伝達物質の生成、代謝促進を助けてくれるなど、健康維持のために大切なミネラルとして、体内で働いてくれます。

なんでもそうですが、与え過ぎない、塩梅やバランスを見ながら、手作り猫ごはんを楽しんでみてください。

猫の手作りごはんレシピ、魚の真ダラ編でした!