読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫の手作りごはんレシピ(魚、サワラ)

 猫の手作りごはんレシピ(魚、サワラ)編をお送りいたします!

こんにちは、記事担当naomiです。

モモさんの手作りごはんの食材は、たいがいが、その日に購入して、夫が作っています。いつもクリックありがとうございます人気ブログランキングへ

ただ、肉の場合は、家にあった食材と、合わせてトッピングすることもありますから、そのとき家に何があるか?といったことも関係するので、たいがいはと、表現しました。

今回のような魚の場合は、できるだけ、新鮮なものを食べさせたいと考えているので、できるだけ、調理する日に、材料を見て決めるようにしています。

今回は、サワラを使った、手作り猫ごはんレシピです!猫だって、美味しいものは、大好きなんだなと、モモが、夫のつくった手作りごはんを食べている姿を見ると、本当にしみじみ思います。

キャットフードは、朝の食事に使うけれど、夜は、出かける予定が入っていない限り、ほぼ毎日手作りしてあげていますが、どうも見ていると、モモはかなり毎日、楽しみにしながら、待っているようです。

スポンサーリンク

 

そんな姿を見て、2人で喜んでしまうのは、いつものことですが(笑)、やはり、猫も新鮮で、美味しい食材を食べるのは、大好きなようですね!それでは、レシピ動画のほうを、まずはご覧ください!

今回のレシピの材料は、サワラ、かぼちゃともやし、アマランス、こめ油、そして、水分と、サワラの栄養が、しっかりと摂取できる、サワラのゆで汁です!何度かシェアしていますが、モモは、鶏ガラスープを入れても、材料のゆで汁を入れても、まずは水分から、ガツガツ身体に染み込ませていきます!そして、その後、固形物を噛み砕いて、日によっては、すぐに完食!となるときもありますが、1/3ほど残して食べ、すぐ後で、また、もりもり食べることもあり、これから夏に向かっていくので、夜の食事は、完食しなければ、腐ることを考えると、置いておけないので、どうしようかねぇと、2人で思案中です。

モモに、完食しなければ、その後、すぐになくなることを、覚えてもらうしかないかなと考えていますが、他には、肉類(内蔵肉と、豚肉は、いつもしっかり加熱しています)は、半生で与えていますが、しっかりと火を通して、量を少なめにして、もしくは、キャットフードに、腐りにくい食材をトッピングするか、朝のキャットフードの量を、多めにして、バランスを取るか?2人で思案中です!

さて、サワラの栄養を見ていきましょう!サバ科の魚で、カロリーは100g177kcal、切り身は、一切れ80gで142kcalです。

春を告げる魚と言われていて、これは、春は産卵のために、沿岸に近づいてくるので、人の目に触れやすいことから、この魚は春を告げると言われているようです。関東では、冬の11月~3月の、脂の乗ったものが好まれ、実は、関西地方だと、春を告げる時期の、春から初夏が旬だといわれています。丁度旬の時期ですね!動画を見ても、サワラが綺麗だなぁと感じられます。

f:id:mo88mo:20150425144538j:plain

やはり、なんでも食材は、できるだけ旬の時期のものがやはり、人間にも猫にもおすすめです。

ご存じのように、サワラや出世魚で、関東と関西では呼び名が違い、関東では、50cm前後のものをさごち、50~60cmのものをなぎ、60cm以上のものをサワラと呼びます。

関西では、さごし⇒やなぎ⇒サワラとなります!良質なタンパク質が、たっぷりと含まれていて、ビタミンDナイアシン、ビタミンB2、12、カリウムなどが豊富に含まれていて、パントテン酸や、DHAEPAも、たっぷりと含まれています。

飼い主さんが食べるなら、やはり、シンプルな塩焼きがおすすめで、照り焼きにするなら、醤油、みりん、酒を、それぞれ大さじ1杯ずつ、これを混ぜあわせて、フライパンで焼いたサワラにかけてください。

定番のレシピですが、飼い主さん向けに、サワラの西京焼きをご紹介!2切れ分の材料ですが、西京味噌50g、みりん大さじ1/2 、酒大さじ1/2、砂糖大さじ1弱(8g)です。

まずは、サワラの表面に塩をふって、30分ほど置き、出てきた水分を、キッチンペーパーで拭き取ります!先ほどの材料を、すべて混ぜ合わせて、たっぷりとサワラに塗り、ラップできっちりと包み、1晩冷蔵庫で寝かせます。

翌日に焼くときは、味噌を少しぬぐって焼いてください!魚焼きグリルに、アルミホイルを敷いて、皮目から先に、弱火で焼きます。

両面が綺麗に焼きあがったら、照りをつけるために、みりんを少量塗ってあげましょう!2、3日漬け込むと、さらに風味が増します!季節にもよりますから、あまり長くつけすぎないように、夏場は気をつけてください。

他の食材は、別の記事で、栄養素などを書いていますので、省略します。

猫も美味しいと感じるのなら、飼い主さんも、同じように感じられると思います。

同じ食材を食べると、目には見えないけれど、なんだか、モモさんとの絆が強くなっていくような気がするので、一緒に同じ食材を食べることは、かなりおすすめです!

今回の、手作り猫ごはんレシピは、魚のサワラ編をお送りしました!次はどんな材料が飛び出すか?どうぞお楽しみに!

スポンサーリンク