読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手作り猫ごはんレシピ(アサリとイワシのスープ仕立て)

猫の手作りごはんレシピ

 手作り猫ごはんレシピ(アサリとイワシのスープ仕立て)編をお送りします!

ブログを読んで頂きありがとうございます人気ブログランキングへ

今日ご紹介する、手作り猫ごはんは、え?猫にアサリ?と、驚かれる方もいらっしゃるかと思いますが、猫の手作りごはんを勧めている獣医は、シジミやアサリ、牡蠣などを使っていたりしますから、これがまた、大丈夫食材なんですよ!ただし、注意事項をきちんと守っていただければ、猫に与えてもOK食材となります。

その話については、後ほどご紹介しますので、まずは動画から御覧ください!

まずは食材のおさらい、アサリとイワシ、エノキ、かいわれ大根、アルファルファ、ひまわりオイル、そしてアサリのゆで汁です。

まずは、先ほどの話の続き、アサリなどの貝類は、与えるときに必ず加熱してください!生のアサリには、猫の体内で、とても重要な働きをするビタミンB1を破壊する、チアミナーゼという酵素が入っているのですが、これは、熱に弱いので、加熱して与えれば、体内に悪影響を及ぼさなくなります。

ですから、与えるなら、必ず加熱してあげてください!栄養を見ていく前に、作ってみて、気づいたことがあったので、アサリについては、もうひとつ注意事項がありますので、シェアしておきたいと思います。

スポンサーリンク

 

今回、8個アサリを使いました。

これを茹でた汁が、やはり貝から出た塩分などの影響で、少しだけしょっぱくなっていました(ちょっと煮詰めすぎたというのも原因です)!ですから、与えるのなら、2、3個くらいを、さっと茹でて、他の食材と合わせて、かさ増しするとか、腎臓の悪い子は、ゆで汁を少し薄めて与えるなど、飼い主さん側が、配慮していただければと思います。

モモは、ガツガツ飲んで、ケロッとしていましたが、まだ、1歳にもならない若いメス猫であり、健康体ですから、猫によっては、塩分濃度が、害になる可能性があります。

塩分に関しては、獣医によって見解が違い、少しは必要だといった意見や、まったくく必要としないといった話しもありますが、個人的には、絶対にNGとは思っていません。

何故なら、自然界に生きていれば、なにかしら、塩分を体内に入れる可能性もあります、ただ、積極的に与えるといった考えではなく、食材によっては、少し含まれている分には、問題ないかと思っています。

f:id:mo88mo:20150507162231j:plain

今後、モモの成長とともに、考えも変化するかもしれませんが、今のところ、積極的に与えることはしないけれど、否定もしていないという立ち位置で、塩については、家族と話し合って、そう考えています。

そして、アサリの栄養は、猫に必要な栄養素である、タウリンがとても多く含まれていて、実は、栄養素としては、猫にとって嬉しい食材です!タコや貝、エビ、イカなどは、加熱すれば大丈夫なので、ときどき、猫の手作りごはんのレシピに加えてあげると、栄養素的には、かなりおすすめな食材でもありますが、なんでもそうですけれど、与えすぎには注意しましょう!アサリのカロリーは、ダイエット中の猫にはありがたいほど低いのですが、1個で2kcal、100gでも、30kcalです。

アサリは、カルシウムやカリウム亜鉛などのミネラルが、タップリと含まれていて、脂質も少なく、ビタミンB12が、他の貝類に比べて、ダントツに多いのが特徴です!

ですから、人間であれば、妊婦さんに、おすすめの食材の1つでもあります!何故なら、妊娠中は、鉄分不足になる妊婦が多いのです!ビタミンB12は、赤血球の生成を、サポートしてくれるので、この栄養素がダントツに多いので、おすすめとなります。

そして、とても良質なタンパク質が含まれています。

次は、かいわれ大根の栄養です!カロリーですが、1パックで10kcalです!100gでも、21kcalと、低カロリーな食材です。

これは、大根の若芽で、スプラウト野菜の1つです。

ビタミン、ミネラル、ファイトケミカルといった栄養素が、豊富に含まれています。

ファイトケミカルには、体を活性酸素から守る、抗酸化作用があります。

イソシアネートという栄養素も含まれていて、これは、異常化した細胞の増殖を抑え、ガンの発生を防ぐ働きがあるといわれています。

メラトニンという栄養成分も含まれていて、これは、免疫を高める働きがあります。

ミネラルは、骨や歯を構成するのに必要ですし、ビタミンは、脂質やタンパク質、炭水化物などの栄養が、体内で十分に力を発揮できるよう、潤滑油としての働きをしたり、血管、粘膜、骨、皮膚の健康を保ち、新陳代謝も促す働きがあります。

他の食材に関しては、すでに別の記事で情報をまとめてありますので、そちらを御覧ください。

 イワシの栄養についてはこちら

猫の手作りごはんレシピ(魚、いわし) - 保護猫・黒猫モモさんのブログ

エノキの栄養はこちら

猫の手作りごはんレシピ(魚、カジキ) - 保護猫・黒猫モモさんのブログ

アルファルファの栄養についてはこちら

猫の手作りごはんレシピ(魚、タラ) - 保護猫・黒猫モモさんのブログ

猫にアサリ??と思った方も多いかもしれません、いろいろと、このブログを続けていくために学んでいくと、いろんなことが分かってくるので、手作り猫ごはん、かなり面白いです!ごはんをつくっていると、モモは、まるで、「いつも美味しいごはん、ありがとニャン」と言っているように、頭を、料理中の腕に擦りつけてきますが、これは猫が、「こいつは俺のモン」と思っているといった見方もでき、「よく働いてるニャンね」と、偉そうな態度でやっているとも受け取れます(笑)。

人間側からしたら、ありがとニャンのほうが、精神衛生上も気分がいいので、そっちをとりあえず選んでみたいと思います!

今回、アサリのだし汁で気づいたことは、食材のゆで汁や、鶏がらスープもそうですが、きちんと飼い主が、一度味見をしてから、与えるようにしたほうが、より安心だと思います。

手作り猫ごはんレシピ、今日はアサリとイワシのスープ仕立て編でした!

スポンサーリンク