読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャットフード、アーガイルディッシュの評判は?

キャットフードの評判

キャットフード、アーガイルディッシュの評判は?どんなものがある?

皆さんこんにちはnaomiです!クリックありがとうございます人気ブログランキングへ

キャットフード、色々と発売されていますが、今回の記事では、我が家でも保護猫モモに使っている、アーガイルディッシュの評判や、 モモに与えてみて、どんな変化があったのか?このキャットフードの栄養の、メインになっている食材について、などの情報ををまとめていきたいと思います。

 

まずは、キャットフード、アーガイルディッシュについて、どんな商品なのか?ご紹介していきたいと思います。

f:id:mo88mo:20150519110937j:plain

近所のお店で、手軽に手に入るキャットフードに比べて、アーガイルディッシュは賞味期限が短く、6ヶ月しかありません!それだけ、鮮度のいい状態で、猫(犬にも)に与えることが出来るのが、アーガイルディッシュという、キャットフードの特徴でもあります。

以前記事で紹介したキャットフード、オリジンに比べて、カロリーが低いので、ダイエット中の猫にもお勧めでもあり、食物繊維が豊富といった利点があります

ちなみに、オリジンは100グラムで、約400キロカロリーで、アーガイルディッシュは、約350キロカロリーです。

オリジンについての詳しい記事は、こちらを参考にして下さい↓

キャットフードオリジンの評判は? - 保護猫・黒猫モモさんのブログ

食事の質に気を配っている人間が、有機野菜などや、良質な餌を与えられて育ったお肉などを食べて、健康管理をするのと同じように、これらの食材を使って作った、良質なタンパク質、そして、チアシードや、良質な繊維質を使った、オーガニック素材中心の、低アレルギーフードです。

キャットフード、アーガイルディッシュは、オーストラリアで作られているもので、愛猫や犬などの健康を考えて作られた、日本生まれで、オーストラリア育ちのキャットフードです。

 

 ↓一応リンク貼っておきますね

 酸化が気になる、という言葉を聞いたことがある方も、いらっしゃるかもしれませんが、ほとんどの人が、そのようなことに関して、あまり、特にキャットフードなどに関しては、関心を持っていないのが、現実でもあるようですが、人間が、新鮮でフレッシュな食材で調理された食事を、「美味しい」と感じるのと同じように、アーガイルディッシュが作るキャットフードも、これらを考慮して、愛猫のために、心配りをして作られた、良質のキャットフードとなっているのです。

では、酸化とはいったいなんでしょうか?簡単にいえば、食べるものなどの電子が失われる、要するに、新鮮ではなく、古くなって美味しくなくなるだけではなく、栄養素がどんどん失われていく、と考えていただけると、分かりやすいと思います。

もともと、新鮮な食材を、すぐに調理して食べたりせず、放おっておくと、色が変わったり、臭いが出てきたりしますが、これらは、酸化が原因となるため、酸化防止剤などを添加して、これを防いでいる食品が、現在多く発売されていますが、キャットフードも同じように、酸化しないよう、添加物などが入っているのですが、アーガイルディッシュは、これらを使うことなく、よりフレッシュで、栄養素の高い食材を使い、愛猫の健康に貢献する、キャットフードを提供してくれていると考えていただくと、分かりやすいかと思います。

酸化は、摂取した食べ物が、体内でエネルギー変換されるときにも起こっていますから、もっとも身近な化学反応なのですが、このあたり、どの辺まで気にされて、キャットフードを選ぶかどうかは、飼い主さんの考え方次第です。

アーガイルディッシュは、環境にもペットに優しいをキーワードに、この先何千年も、人間と動物が共存する社会の中で、次世代にも、自信を持って残していけるキャットフードを提供したいと考えている、素敵な会社でもあります。

*大して意味はありませんが、購入した際に動画も撮りました。

ここまでこだわっていくには、数々の大変な状況を超えていかなければならかったのですが、人間と動物は、対であるという信念を元に、それらを乗り越えながら、本当に猫や犬のことを、人間の健康と同じように考えてくれ、さらに、飼い主の手間も、極力省くようにとも考えながら、キャットフードを作ってくれている、個人的には、ありがたいなと心底思う、そんな人達が集まっている会社でもあります。

それでは、キャットフード、アーガイルディッシュの評判を、ここからはちょっとリサーチしてみます!実は、猫のキャットフードの評判より、犬のほうが多いのですが、まだまだ、ペットの食べ物については、飼い主さんが知らない、情報を把握していないといった部分が大きいところも、現状では大多数であるようです。

口コミなどを調べていくと、食物アレルギーを持っているペットに、このアーガイルディッシュのフードを食べさせるようになったら、赤みや痒みが消えたといったものがありましたが、これは、このフードの中に、チアシードや亜麻仁油が入っていることが、影響しているのではないかと、推測します。

これらは、不飽和脂肪酸といって、食材では青魚やくるみ、豆類や緑黄色野菜や、油ではシソオイルや、先ほど書いた亜麻仁油などに多く含まれていて、このオメガ3系の不飽和脂肪酸は、血液中の脂質濃度を下げる働きがあり、アレルギーなどを緩和する力が働くといわれています。

人間もそうですが、現代社会では、加工食品やお惣菜などを食べる人が増えていて、オメガ6系オイルなどを摂取する機会が、非常に増えているといわれています。

不飽和脂肪酸は、体内で合成できないので、食事から摂取しなければならない栄養素なのですが、バランスがこちらに傾きすぎていると、やはり体内で、なんらかの不具合が起こってしまうといわれています。

オメガ3系のオイルなどは、酸化しやすく、扱いが面倒なのですが、これらをしっかりと摂取することで、人間の体にも、多くの恩恵があるといわれています。

キャットフードや、ドッグフードなどの原料に関して、あまり関心がない飼い主さんが、与えているものの質が、偏りすぎていて、オメガ3系のオイルが不足してしまうと、アレルギーがひどくなったりすることが分かっていますから、この犬のアレルギー反応が落ち着いてきたのは、チアシードや亜麻仁油の摂取が、体内バランスを整えていったと考えるのは、自然なことでもあります。

他には、どんな評価があるのか?やはり、原料がとても優れているので、よく食べるとか、他のフードでは、数ヶ月で飽きて食べなくなった子が、このアーガイルディッシュに変えてからは、ずっと食べ続けてくれているなどといった評価もあるようです。

個人的な見解ですが、やはり、賞味期限が6ヶ月であるといった、鮮度に対する配慮がされていることなども、動物にとっては「旨いよね!」といった感覚に繋がっているのかなと考えられます。

 他の評価は、多かったのが、便の状態がいいといったものです!我が家の保護猫モモも、これにしてから、便のツヤ、そして形、柔らかさも丁度いい感じで、臭いもきつくなく、毛艶ももちろんとても綺麗ですが、驚くのは、下痢なども一切しないことです。

そして、どこから見ても、体調も良さそうにしか見えず、食いつきも、もちろんいいので、家族間でも、評価の高いキャットフードだねと言い合っています。

もしこのアーガイルディッシュの評価で、悪いといわれ部分を表現するとなると、これはもう、価格が少し高いといったところですが、毎日これと同じクォリティーで、手作り猫ごはんなどを作って与えるという手間を考えると、コスト的には悪くないと、個人的には思います。

モモに与えている、アーガイルディッシュのキャットフードの、メインのタンパク質は、カンガルーとラム肉、そして魚を使っていますので、この材料を見ても、とてもヘルシーであることが分かるかと思います。

*使用されてる原材料です↓

f:id:mo88mo:20150519122537j:plain

ラム肉のカロリーは、100gで227kcakで、高タンパクですが脂質は多いのですが、Lカルニチンが多いので、ダイエットをしている人間やペットに適している食材だといわれていますので、栄養価が高く、脂肪は多いけれど、脂肪燃焼も助けてくれる、ありがたい食材となります。

ラム肉に含まれる、Lカルニチンの量は、牛肉の1・5倍、豚肉の2倍になるといわれていますから、かなりダイエット効果が高い食材です。

高タンパク質で低カロリー、脂質は多いですが、成長期の猫などには特に、脂質は必要ですから、かなり理にかなった食材でもあります。

ベストボディジャパンという、美しく鍛えられた体のカッコよさなどを競う大会で、俳優の金子賢は、体脂肪3%の体を作り上げたそうですが、そのときに食べていたのは、このラム肉だったんだとか!この肉には、糖質はほぼ含まれていませんから、炭水化物が必要な猫に与えるには、この部分でも理にかなっていると考えられるようです。

そして、魚は、オーストラリアンマッカレルという名前の、日本でいえばサワラで、とても美味しい白身魚です。

アーガイルディッシュの原料として使われているカンガルー肉は、日本ではポピュラーではありませんが、オーストラリアでは一般的な食肉として、普通に流通しているそうです!ルーミートと呼ばれていて、日本でいえば、イオンやヨーカドー、西友などといった、一般的なスーパーに、普通に並んでいる食材なんだそうですよ!ペットフード用としても、よく使われているようです!100gで110kcalと、カロリーも低く、低脂肪で低カロリー、高タンパク&鉄分の食材です。

脂質はとても低く、なんと100g中には、0・9gしか含まれていませんので、良質な脂質はラム肉で、その他の栄養素をしっかりと補うためにはカンガルー肉、かなり理にかなった組み合わせになっているキャットフードが、アーガイルディッシュであるといえるようです。

ここまで書いて誤解のないように書き添えておきますが、このブログは個人で情報発信しています、ですから、別にアーガイルディッシュの関係者ではありませんので、誤解のないようにお願いします(笑)。

きちんと知っている情報をシェアしていけば、猫の食生活も良くなると考え、選ぶのは飼い主さんですが、きちんとした情報を発信していければと思い、いろいろと調べながら、記事をまとめています。

評価も高いキャットフードですが、カンガルー肉を使うもう、一つの利点をお伝えしておきます!日本で流通する肉は、家畜などですから、牛や豚、鶏などの食べる食事に、抗生物質などが混ぜられていた場合、それらを一緒に体内に入れてしまうことになりかねません、ですが、カンガルーは野生に生きているものを捕獲しているため、自然のままの食生活を送っている生き物が原料となっているので、化学物質に汚染されている心配や危険性は、とても低いと考えられます。

他には、ハーブ類も入っているので、いろんな面で安心なキャットフードではありますね。

↓お役に立てたのならポチッと♪

この記事では、アーガイルディッシュのキャットフードについて、評判なども含めて情報をまとめてみました!