読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫の手作りごはんレシピ(アナゴ)

猫の手作りごはんレシピ

 猫の手作りごはんレシピ(アナゴ)編をお届けします!

こんにちは、naomiです!クリックありがとうございます人気ブログランキングへ

今回、モモに手作りで作った猫ごはんは、なんとアナゴを使ってみました!猫にアナゴ?と、驚かれた方もいるかもしれませんが、実は、猫用のおやつに、アナゴを使ったものも、販売されているようですから、なんら不思議でもなんでもないんですよ!アナゴといえば、家が昔、魚屋をやっていたので、大きなまな板の上にアナゴを置いて、釘で頭をまな板に固定して、サクッと母がさばいていた姿をよく覚えていますが、あのアナゴ、そう、そのアナゴを、まさか大人になって、猫の手作りごはんとして使って、調理するようになるとは、思ってもみませんでした。

スポンサーリンク

 

人生、何が起こるかわからない、だから生きてみようと日々思っています。

そんなアナゴを使ったレシピ動画、まずはゆっくりとご覧ください。

材料のおさらいです!まずはアナゴ、これ、触ると皮に、コラーゲンがたっぷりついているのがよく分かりました!つるんつるんしていて、モモに与えた後、残ったアナゴを少しいただいたのですが、身もしっかりとしていて、食感もプルンプルンしていて、いいコラーゲンがいっぱい入っているんだなと、理解できましたが、こんな美味しい食材を、猫も食べられるなんて、お互いに幸せでもありますね!その他の材料は、ひじき、かぶ、きゅうりをトッピングして、野菜から、食物繊維や水分が摂れるようにチョイスしてみました。

アナゴ100gのカロリーですが、生なら161kcal、茹でたものだと、194kcalとなります。

ちなみに、アナゴのカロリーや脂質は、うなぎの半分なので、蒲焼きにして、うなぎの代用品にすると、ダイエット効果もありながら、飼い主さんのお腹も舌も満たせるので、おすすめの食べ方でもあります。

栄養価ですが、油溶性ビタミンを多く含んでいて、中でもビタミンAが豊富な食材です!猫は、ビタミンAが欠乏すると、皮膚が乾燥してフケが出やすくなり、毛が逆立ったり(ボサボサする)、脱毛するだけではなく、メスは妊娠しにくくなったり、流産や、死産することもあります。

しかも、猫は、犬や人間と違う性質を持っていて、そのひとつが、このビタミンAを、体内でつくることが出来ないというものですので、必ず食事から摂取しなければならないのです。

f:id:mo88mo:20150526141149j:plain

逆に過剰になると、骨が変形したり、骨同士が正常に連結しなくなる場合もあるので、猫は体に痛みを感じ、食欲不振となって痩せていく場合もありますので、どちらに傾いても、健康に害がありますので、十分注意してあげてください。

骨に必要だといわれる、カルシウムも多く含んでいます。

他には、ビタミンEも豊富で、肌の老化を防ぐといわれている、若返りのビタミンとも呼ばれています。

DHAカリウムEPAも含まれていて、セレンやビタミンB12も、多いといわれています。

かぶの栄養について、見ていきます!旬の季節は、3月~5月、10月~12月といわれていて、100gで、実も葉も20kcal、今回使用したのは実の部分なので、そちらの栄養素を見ていきます。

ちなみに、栄養価が高いのは、実よりも葉のほうだといわれています。

実の大部分は水分で、腎臓病になりやすいといわれている猫にとっては、しっかりと水分が摂取できる、嬉しい食材です!ビタミンC、カリウムが多く含まれていて、消化酵素ジアスターゼが含まれています。

ここで、飼い主さん向け、カブの美味しい食べ方レシピ!もちろん、美味しい、楽しい、ヘルシーな作り方です!カブ以外にも、冷蔵庫にある、きゅうりやニンジンなどを、全部食べやすい大きさに切って、塩もみをして置いておきます。

その後、水分を切り、昆布茶か、刻み塩昆布、どちらかをふりかけて揉み込んで、味をなじませたら出来上がり!カブの葉は、ふりかけにすると便利に使えます。

作り方ですが、葉を茹でて、細かく刻み、フライパンで葉を空いりして、水分がとんだら、ちりめんじゃこ、そしてごまを加えて、かつお節適量を加えていりつけ、最後に醤油を少々たらせば出来上がり!熱々ごはんにかけて、冷奴の薬味にしても美味しいのでは?

 ひじきの栄養については、こちらをごらんください

猫の手作りごはんレシピ(魚、タラ) - 保護猫・黒猫モモさんのブログ

きゅうりの栄養はこちらをどうぞ

猫の手作りごはんレシピ(魚、イシモチ) - 保護猫・黒猫モモさんのブログ

猫の手作りごはんにアナゴ?と驚かれた方もいるかもしれませんが、モモはもぐもぐ食べて、大満足そうな顔をしていました。

もう、手作りごはんに慣れてしまい、催促はするけれど、最初の頃のように、作っている最中に、食いついてくるような喜び方はしなくなり、ちょっとさびしいこの頃です(笑)。

今回の手作り猫ごはんレシピは、アナゴ編でした!

スポンサーリンク