読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫のトッピングごはん(ホタテ貝柱、甘エビ)

猫のトッピングごはん(ホタテ貝柱、甘エビ)編をお届けします!

こんにちは、naomiです!クリックありがとうございます人気ブログランキングへ

今回のトッピングレシピは、猫にあげてはいけないような、そんな思い込みがある、ホタテ&甘エビ編でお届けします!というか、豪華すぎない?というツッコミがきそうな食材ですが、ホタテは最近では、イオンなどで安いときには、一個98円ほどで売っていたり、今回モモのために購入したものは、小さいサイズのものが6個入っていて(モモ用に使ったのは2個です)、198円でした!そして甘エビは、親からのいただきもの食材なので、ゼロ円!そんな、一見豪華そうに見えるけれど、意外とお手軽価格で手に入ったホタテと、もらいものの甘エビを使って作る、猫のトッピングごはん、まずは動画からどうぞ!

食材のおさらいです!ホタテ、甘エビ、ひじき、キュウリ、かいわれ大根、ホタテと甘エビのゆで汁です!

動画にも書いてありましたが、ホタテ貝は、周りのヒモと黒い部分に毒性があるので、貝柱のみを使ってください!甘エビは柔らかいので、殻も刻んで入れています。動画に、ちょこちょこと、モモが写っているのが笑えますが、邪魔をしているのではなく、いつもああやって、参加しているという態度で、うろついているので、笑えます。

人間用の食事の支度をするときには、あがってきませんが、自分のごはんだと分かっているときは、必ずこうやって、邪魔しているのか?遊んでいるのか?参加しているのか分かりませんが、微妙に「邪魔」と言われながら、張り切ってうろついています(笑)!

それでは、ホタテの栄養から見ていきましょう!干しホタテも栄養価が高く、こちらを使う場合は水で戻してください。ホタテは、陰の食材になります!カロリーは、貝柱一個で19kcal、ビタミンB12、タンパク質、葉酸亜鉛、ビタミンB2、マグネシウム、リン、鉄が多く含まれていて、猫に必要な栄養素、タウリンも多く含まれているので、嬉しい食材でもあります!

タウリンの含有量は、魚介類の中でもトップクラス!これは、アミノ酸の一種です。

グリコーゲンという、生き物が、体内でエネルギーを一時的に保存しておくための物質も、豊富に含まれていて、これを筋肉や内臓に蓄えておくと、運動をするときなどは、フルパワーを発揮できるといわれていますから、持久力がない、一瞬の動きで、パワフルにエネルギーを使うタイプの猫には、とても有り難い栄養でもあります。

ホタテの旬は、冬から春と夏です!ホタテに含まれているアミノ酸は、アスパラギン酸で、体の中の不要なものを排出してくれ、疲れを回復してくれるといわれています。

f:id:mo88mo:20150629142111j:plain

次は甘エビの栄養です!これはホタテと逆で、陽の食材ですので、知らずに組み合わせましたが、こうやって改めて記事にしてみると、陰陽をきちんと摂取できている・・・!

甘エビのカロリーは、100gで87kcal、1尾では13kcalです。

タンパク質が豊富で、ビタミンB群、カルシウム、タウリン、キチン、アスタキサンチンセレンカリウム亜鉛マグネシウム、鉄、ビタミンAなどの栄養が含まれています。

アスタキサンチンとは、エビを茹でると赤くなる成分で、抗酸化作用が強力なので、がんを抑制、血液をさらさらにします。

今回甘エビの殻も入れましたが、ここに含まれている栄養素がキチンです!不溶性食物繊維なので、大腸がんの予防、便秘改善に効果を発揮してくれます。

カルシウムは御存知の通り、骨を丈夫にするなどの効果があります。

次はひじきの栄養や、カロリーについて見ていきます!カロリーは、乾燥100gで139kcalです!2gでは3kcalです。

鉄分が豊富で、ほぼ半分が食物繊維ですから、便秘の猫にはおすすめ食材です!皮膚や粘膜を健康に保ってくれる、ビタミンAも豊富で、カルシウム、亜鉛マグネシウム、ビタミンB1、2が豊富に含まれている、小さいのに、栄養がたっぷり含まれている、嬉しい食材でもあります。

かいわれ大根の栄養は、下の記事に書いてあります。

momosan.hateblo.jp

キュウリの栄養は、下の記事に書いてあります!

momosan.hateblo.jp

今回の猫のトッピングごはんの材料を見て、豪華!と、個人的にも思わず唸ってしまったのですが、もらいものの甘エビがあったお陰で、なんだかお得なレシピとなりました。

猫は、色々な味を楽しみたい動物だといわれていますので、ダメな食材以外は、積極的にいろんなものを与えてみて、食べる喜びを伝えてあげられたらいいなと、思っています。

・・・すでに、手作り猫ごはん生活半年で、慣れっこになって、当然のように食べてけろりとしていますが、赤マンボーとか、シイラなど、変わった食材が出ると、かなりの勢いでぺろっと食べるので、言葉にはしませんが、「あ、ニャンか新しい味ニャんよ」と思っているような態度で食べていますから、意外と気に入ってくれているのかなと、勝手に思っています!

猫のトッピングごはん(ホタテ貝柱、甘エビ)編をお届けしました!いただきものの、ちょっとした食材も上手に使って、愉しみながら作ってみてください!

スポンサーリンク