読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高架下の猫を救出(動画付)!良かったニャン

高架下の猫を救出(動画付)!良かったニャン・・・驚きのニュースをお届けします!

こんにちは、naomiです!クリックありがとうございます人気ブログランキングへ

今日のニュース記事は、高架下にどうやって入り込んだのか?世田谷の玉川の国道245号線にある高架下にいた猫を、人間が救出したという話をご紹介します!

まずは高架下の猫を救出した動画を御覧ください!

(動画引用:朝日新聞より)

最近は日本中、いえ、世界中で、猫の救出などの様子を、ニュースで見ることが多いですが、今回は、この高架下にいた猫に注目をして、記事をまとめたいと思います!

近隣住民の話によると、高架下で猫の鳴き声が聞こえるようになったのは、6月27日頃だったといいます!

救出されたのが29日ですから、3日間この場所に、一匹でいたと考えられるようです!

f:id:mo88mo:20150703131557j:plain

近所の住民の通報で、猫がいると確認された次の日の28日に、消防が一度救出作戦を実行したのですが、猫はなかなか捕まえるのが難しいため、一度あえなく失敗!

なんと翌日の29日の救出作戦は、国土交通省の職員と、なんと!造園会社の社員、そして消防の3つの職業の人たちが、練り直した作戦を実行して、なんと、猫1匹に対して、大人20人が救出するために働きながら、高架下から猫を救出したのです!

ちなみに猫がいた高架下は高さ9・4メートルもあり、何度か落ちそうになって、見守る人たちを、ハラハラさせていたようです!

f:id:mo88mo:20150703131326j:plain

救出する人たちが、高架下にクレーン車で近づくと、子猫はすばしっこく動きまわり、一度は水道管の中に入り込んだり、なんと!高架下から落ちそうになりながら、逃げまわって、1時間半もかけて救出されたということです!

動画を観ていただくとお分かりいただけますが、救出作戦を実行した現場では、人間が束になって固唾を呑んで見守る声が、嬉しいと感じられるほど響いていて、猫の身を案じる人たちの、心配の声と、人間の温かい気持ちが伝わってくる、個人的にも、なんて人はあったかいんだろうと、感動してしまう様子が、よく映し出されているのです!

どうやって高架下に迷いこんできたのかは分かりませんが、見たところ、推定ですが、生後半年ほどの猫ではないかと思われますが、きょうだいや親と、なんらかの事情ではぐれたのか?何故高架下にいたのかは、結局謎のままのようです!

「人間の誰かが、いたずらで置いたのでは?」という話も出ているようですから、もし仮にこれが本当であれば、命を粗末に扱う行為を、しっかりと振り返ってそれは、楽しいことだったのか?と、心に問いかけていただければと思います。

自力で高架下に迷い込んだという可能性は、個人的には考えられませんが、とにかく20人もの人たちが、高架下から猫の命を救出するために、動いてくれた事実のほうへ目を向け、その気持と行動に、この場を借りて、心から感謝したいと思います。

ありがとうございました!

動画を観ていただければ分かる通り、無事、高架下から救出された猫は、すぐにキャットフードをもらい、ぺろりと平らげています!

救出された猫の姿は、勇ましい鳴き声をあげて、まるで周囲の人間を、「ニャニ見てんだよ」と、威嚇しているようにも見え、元気で良かったと、個人的にも胸をなでおろしてしまいます。

f:id:mo88mo:20150703131628j:plain

国土交通省のほうに、高架下から救出された猫を引き取りたいという人が現れたと、ニュースで説明されていましたので、きっと優しい里親の元へ、届けられたのではないかと考えられるようです。

人間の心の温かさに、思わず目頭が熱くなったニュースでもあります!

www.asahi.com

高架下の猫を救出(動画付)!良かったニャンというニュースをお届けしました!

スポンサーリンク