読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴー(go!)キャットフードの評判や口コミは?

キャットフードの評判

ゴー(go!)キャットフードの評判や口コミは?

1 ゴー(go!)キャットフードについて

2 ゴー(go!)キャットフードの原材料は?

3 ゴー(go!)キャットフードの評判や口コミは?

 

今回は、我が家の愛猫モモに、新しいキャットフードを購入したので、その商品についての情報をまとめていきます!

沢山のクリック本当にありがとうございます。人気ブログランキングへ

ゴー(go!)キャットフードについて

↓モモが食レポしてます(笑)!

もうすぐキャットフードがなくなるなぁと思ったので、今回はネットでgoのキャットフードを選んでみました!

まずはこのキャットフードについて見ていきたいと思います!

goのキャットフードはカナダ産で、ドライフードは3種類、ウェットフードは7種類あります。

NOW(ナウ)フレッシュの兄弟ブランドになるようです!

↓NOW(ナウ)キャットフードについてはこちらを参考にされて下さい

momosan.hateblo.jp

日本でgoのキャットフードを扱っている会社は、「カナディアンペットニュートリション株式会社」です。

goのキャットフードは、病気に負けない、健康な体を保つために、猫の体に重要だといわれている栄養素のタンパク質をたっぷりと使い、猫の体に必要ないと考えられている炭水化物は少なめに使用して作られています。

それぞれのニーズを満たすために、次の3つに大きく種類が分かれています!

● 病気に負けない健康な体を保つための機能性食品が豊富

● 高タンパク質で低炭水化物なので、ダイエットを意識した猫に最適

● 食物過敏症などになっていたり、特定の食材などしか食べられない猫のためのレシピ

goでは信頼できる農家、牧場主、生産者が作ってくれた食材を使用して、高品質で新鮮な食材を使っていて、成長ホルモンを使った肉や、副産物、科学的防腐剤などは一切使っていない最高品質の食材を使用して、猫へ愛を持って製造しているのです!

そして、goのキャットフードには、4つのこだわりがあるといいますので、一体どんなものか見ていきましょう!

● 原材料は信頼できるところから仕入れをしています

● 皮膚と被毛の輝きのためにオメガオイルを使用

● 健康な免疫システムのために、抗酸化成分が豊富なフルーツ、そして野菜を配合しています

● 消化機能を健全に維持するために、プロバイオティクス、プレイバイオティクス配合

アレルギーのある猫は、ノーグレインフリー(穀物不使用)のものを選ぶといいのですが、goのドライキャットフードは3種類あることはすでに書いていますが、次の3つに細かく分かれているので、選ぶ時の参考にされてください。

● ディリーディフェンス(DD)シリーズ

今回我が家が買ったのもこれで、実はグレインフリー(穀物不使用)のgoキャットフードを買うつもりが、間違えてこちらを購入してしまったのですが、このシリーズはタンパク質が32%で、goキャットフードシリーズの中では基本的なタイプ、健康維持のためのフードになります!

● フィット+フリー(FF)シリーズ(ノーグレイン)

こちらは肉食だといわれている猫の体を意識して、低炭水化物のキャットフードとして作られているようです!

このシリーズで炭水化物として考えられるのは、ポテト、ポテト粉、他には多少果物の中に入っている成分くらいしか入っていないようです!

タンパク質は、48%とかなりたっぷりと入っていて、総カロリーは3つの中でこのFFシリーズが一番少ないようです!

● センシティビティ+シャイン(SS)シリーズ(ノーグレイン)

こちらはアレルギーのある猫に対応しているキャットフードになります!

食物過敏症や、特定の食材にアレルギーのある猫に適しているキャットフードになります!

こちらも炭水化物はFFと同じものが入っているようです。

いわゆる、玄米やとうもろこしなどの穀物は使われていません!

ゴー(go)キャットフードの原材料は?

 goのキャットフードでタンパク質として使われる食材は、様々な生き物を使っています。

● 羊肉 ● 鶏肉 ● 七面鶏肉 ● 鴨肉 ● サーモン ● トラウト

これらをバランスよく配合して作られているのが特徴でもあります!

まずは今回、我が家の愛猫のために・・・間違えてしまいましたが(ノーグレインを買ったつもりが・・・届いたら間違っていまして・・・汗・笑)購入したDDシリーズの原材料から見ていきましょう!

f:id:mo88mo:20151119133232p:plain

● チキンミール ● チキン(生・骨抜き)●  玄米(全粒) ● 白米(全粒)

● オートミール ● 鶏脂肪(ミックストコフェロールで酸化防止)

● サーモンミール ● 天然香料(チキン由来) ● ひまわり油 ● 米糠

● りんご ● ニンジン ● ポテト ● クランベリー ● フラックスシードオイル

● 鶏卵(乾燥・全卵) ● サーモン油 ● アルファルファ ● リン酸

● 塩化カリウム ● タウリン ● ビタミン類(ビタミンEサプリメント Lアスコルビル2ポリフォスフェイト(ビタミンC源) ● ナイアシン ● イノシトール

● ビタミンAサプリメント ● 硝酸チアミン ● dパントテン酸カルシウム

● 塩酸ピリドキシン ● リボフラビン ● βカロテン ● 葉酸 ● ビオチン

● ビタミンDサプリメント ● ビタミンB12サプリメント ● チコリ根

● ミネラル類(タンパク質キレート亜鉛 硫酸鉄 酸化亜鉛 タンパク質キレート鉄 硫酸銅 タンパク質キレート銅 タンパク質キレートマンガン 酸化マンガン

ヨウ素カルシウム 亜セレン酸ナトリウム )● DLメチオニン 

● ユッカシジゲラ抽出物 ● ローズマリー(乾燥)

こちらのシリーズの粒の大きさは、5~7ミリ、かなり小粒です!

固めで、匂いはどちらかというとあまり臭わないタイプとなり、特にクセがあるような匂いはしません!

DDは特になんのトラブルも持っていない猫におすすめのタイプです!

次は、FFシリーズのgoキャットフードの原材料を見ていきます!

f:id:mo88mo:20151119133433p:plain

● チキンミール ● チキン(生・骨抜き) ● ターキー(生・骨抜き)

● ダックミール ● ターキーミール ● サーモンミール 

● トラウト(生・骨抜き) ● 鶏脂肪(ミックストコフェロールで酸化防止)

● 天然香料(フィッシュ由来) ● えんどう豆 ● ポテト ● ポテト粉

● 鶏卵(乾燥・全卵) ● タピオカ ● サーモン(生・骨抜き) ● サーモン油

● ダック(生・骨抜き) ● カボチャ ● ニンジン ● りんご ● バナナ

● ブルーベリー ● クランベリー ● パパイア ● パインアップル ● リン酸

● 塩化ナトリウム ● 塩化カリウム ● DLメチオニン ● タウリン 

● 塩化コリン ● チコリ根 (乾燥) ● 硝酸チアミン ● リボフラビン

● ラクトバチルス・アシドフィルス(アシドフィルス菌)発酵生成物 

● エンテロコッカス ・フェシウム(フェシウム菌)発酵生成物

● アスペルギルス・ニガー(黒麹菌)発酵生成物 ● βカロテン 

● アスペルギルス・オリザエ(麹菌) 発酵生成物 ● 葉酸 ● ビオチン

● ビタミン類(ビタミンAサプリメント ビタミンDサプリメント ビタミンEサプリメント ナイアシン イノシトール Lアスコルビル2ポリフォスフェイト ビタミンC源) ● dパントテン酸カルシウム ● 塩化ピリドキシン 

● ビタミンB12サプリメント ● ミネラル類(タンパク質キレート亜鉛 タンパク質キレート鉄 タンパク質キレート銅 酸化亜鉛 タンパク質キレートマンガン 硫酸銅 ヨウ素酸カルシウム 硫酸鉄 酸化マンガン 亜セレン酸ナトリウム )

● ユッカシジゲラ抽出物 ● イースト抽出物 ● ローズマリー(乾燥)

こちらは先程もご紹介したように、高タンパク質低炭水化物のgoキャットフードとなっています!

FFシリーズは、ダイエットをしたい猫におすすめのタイプです!

次はSSシリーズのgoキャットフードの原材料を見ていきます!

f:id:mo88mo:20151119133554p:plain

● トラウト(生・骨抜き) ● サーモンミール ● ヘリングミール 

● 天然香料(フィッシュ由来) ● ポテト ● 鶏脂肪(ミックストコフェロールで酸化防止) ● えんどう豆 ● ポテト粉 ● えんどう豆繊維 ● サーモン油

● カボチャ ● ニンジン ● バナナ ● ブルーベリー ● クランベリー

● レンズ豆 ● ブロッコリー ● ほうれん草 ● カッテージチーズ

● アルファルファ ● ブラックベリー ● パパイヤ ● パインアップル

● リン酸 ● 塩化ナトリウム ● 塩化カリウム ● DLメチオニン

● タウリン ● 塩化コリン ● ラクトバチルス ● チコリ根(乾燥)

● アシドフィルス(アシドフィルス菌)発酵生成物 ● 硝酸チアミン

● アスペルギルス・オリザエ(麹菌)発酵生成物 ● リボフラビン

● ビタミン類(ビタミンAサプリメント ビタミンDサプリメント ビタミンEサプリメント ナイアシン イノシトール Lアスコルビル2ポルフォスフェイト ビタミンC源)● dパントテン酸カルシウム ● 塩酸ビリドキシン ● βカロテン

● 葉酸 ● ビオチン ● ビタミンB12サプリメント ● イースト抽出物

● ミネラル類(タンパク質キレート亜鉛 タンパク質キレート鉄 タンパク質キレート銅 酸化亜鉛 タンパク質キレートマンガン 硫酸銅 ヨウ素酸カルシウム 硫酸鉄 酸化マンガン 亜セレンサンナトリウム) ● ユッカシジゲラ抽出物

● ローズマリー(乾燥)

SSシリーズは、食物アレルギーや食物過敏症などがある猫に特におすすめのタイプです!

この3つのドライキャットフードが、goから発売されているものですが、再度どのタイプを選べばいいかの目安をまとめていきます!

● 特になんのトラブルもない、健康的な猫に選んであげるのならDDシリーズ

● ダイエットをしなくちゃいけないという猫にはFFシリーズ

● 食品に対してなんらかのアレルギーがあったり、食物過敏症などがある猫はSSシリーズ

分かりやすく選び方のポイントをまとめてみました!

ちなみに、goの3種類のドライキャットフードには、成長ホルモン、そして人工保存料を使用した原材料は使っていませんので、安心して与えることが出来ます!

ゴー(go)キャットフードの評判や口コミは?

f:id:mo88mo:20151119133728p:plain

それではここから、goキャットフードの評判や口コミについての情報をまとめていきます!

● 見た目はNOWに似ていますが、小粒なので噛むのが楽そうです

● 名前がgoなので、食いつきがいいかと思ったのですがそうでもなかったです

● 食いつきはいまのところはいいようです

● ちゃんと食べてくれて、便の状態もいいようです

● 多頭飼いですが、好きな子は好きと分かれます

● 食いつきもとても良く、お腹の調子もいいようです

こちら、goのキャットフードは、2015年4月から日本で発売されたばかりの商品となっているので、この記事を書いている11月19日時点では、まだ展開が始まって7ヶ月ほどしか経っていませんので、まだまだ深く根付いて浸透しているという感じではないようですから、今の時点では、口コミなどもあまり出てきていません!

我が家の愛猫は、このブログで何度も書いていますが、キャットフードを新しいものに変えても、まったく嫌がることなくなんでも食べるので、今回もガツガツと食べてくれました。

やはり、その子によって、食いつきなどはばらつきがあり、猫によっては、食材の内容が良いからといって好んでくれるわけでもない場合もあるようですから、ここでご紹介した、評価や口コミ、そして個人的な我が家の経験も、参考程度にされていいただければと思います。

↓お役に立てたのならポチッと♪

今回は、ゴー(go!)キャットフードについての情報などをまとめていきました!