読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫カフェ発祥の国はどこ?台湾って本当なの?

猫カフェ

猫カフェ発祥の国はどこ?台湾って本当なの?

1 猫カフェとは?

2 猫カフェ発祥の国はどこ?

 

日本でも、かなり浸透した猫カフェという新しい分野の仕事&猫とお近づきになれる環境ですが、この猫カフェは、一体どこが発祥の地なのか?

知っているようで知らない情報をまとめてきます!

毎日沢山のクリックありがとうございます。人気ブログランキングへ

猫カフェとは?

まずは改めて猫カフェとは一体どんな形態のお店のことを呼ぶのかといった、基本情報のおさらいをしていきたいと思います。

猫カフェは、猫と触れ合う時間を提供する形態のカフェ&喫茶店です!

猫に扮した店員が接客をするのは、猫ミミカフェで、ここで表現している猫カフェとは全く違うものですので、お間違えないようにお願いします!

そちらはコスプレ系の飲食店になります。

純粋に猫と触れ合いたい人が集まる喫茶店の形態で営業している店を、猫カフェと呼びます。

日本でこの形態のお店に入ると、時間制で、使用料金が決められているお店が多いといわれています。

入店するときにコースを選んで料金を支払い、飲み物を頼むというシステムとなっているところが多いようです。

事情があって猫が飼えない人などに人気のある猫カフェですが、家に猫がいる方でも、どなたでも通えるので、楽しみ方は人それぞれになります。

日本で猫カフェが発祥したのは、2004年で、大阪の北区に作られた「猫の時間」という店が、国内初の猫カフェだといわれています。

f:id:mo88mo:20160112155151p:plain

なんでも、猫に魅了された店主が、ご自身の夢を叶えるために、この猫カフェをオープンさせたそうです!

「猫に癒やされてリラックス出来る部屋を作りたい」「猫のように気ままに自由に過ごしたい」との願いから、大阪で猫カフェをオープンさせ、現在は中崎通り商店街に移転して、畳のある和風の空間で、猫がお迎えをしてくれます。

日本初の猫カフェ。北本店とアメリカ村店、合わせて約40匹の猫ちゃん達がお出迎え♪

猫カフェ発祥の国はどこ?

日本で猫カフェが発祥したのは大阪北区だったのですが、世界的に見て、猫カフェ自体が初めて発症した国は、実は日本ではありません。

発祥の国は台湾の台北市にある「猫花園」だといわれています!

f:id:mo88mo:20160112151735p:plain

こちらは、1998年に開店していて、猫カフェ発祥だといわれているのですが、オーナーに質問した所、「そうねぇ、世界初だと言われていますね。でも、世界は広いからどうかしら?」と、かなり控えめな答えをしているようです。

f:id:mo88mo:20160113182138p:plain

確かに、世界は広いので、もしかしたらこの店よりも早く、どこかで猫カフェが発症していた可能性はありますが、2016年現在のところ、初めて猫カフェが発症した国は、この台湾のお店だということです。

台北駅から近い、MRT芝山駅前にある「猫花園」は、お昼の12:00~22:00まで営業していて、犬や鳥もいるそうです!

f:id:mo88mo:20160113053751p:plain

そして、元祖猫カフェ発祥地であるこのお店の猫達は、みなアクティブで、お客がいてものんびりと、どっしりとしているんだとか!

なので、自宅で猫と一緒に暮らしている気分を満喫できるという感想もあり、なかなか猫との触れ合いが堪能出来る環境で、猫を自由に撮影も出来るので、かなり楽しめるようです!

この店は、またたびが持ち込みオッケーなので、これを持って行くと猫の人気を獲得できるといわれています。

f:id:mo88mo:20160113182455p:plain

猫に与える事ができるおやつも販売されています。

台湾が発祥の地である猫カフェの、元祖のこのお店には、ある決まりがあるので注意が必要です!

カバーのかかっていない椅子は、人間用ではなく猫専用なので、けして人間が座ってはいけません!

ですが、逆はいくらでも有りなので、猫に譲ってください!

f:id:mo88mo:20160113054018p:plain

そして、猫カフェ発祥の地の台湾で、元祖となっているこのお店のシステムをご説明しておきましょう!

まず、入店してから入場料を払う日本のシステムと違って、台湾のお店は、入店して飲み物を注文し、注文時に支払いをします(2015年12月時点)。

元祖猫カフェ発祥のお店の詳しい情報をシエアしておきます。

「猫花園」

住所:台北市福華路129号1F

電話:(02)2835-3335

↓事前に地図でしっかり確認されて下さいね

定休日は不定期で、最低消費は120元となっています。

12歳以下の子供は入店が出来ませんので、ご注意ください!

日本でも一大ブームを巻き起こしている猫カフェですが、元祖、発祥の国はなんと驚きの台湾!

イギリスには猫パブがあり、お酒を楽しみながら猫を眺めることが出来るお店も世界にはあるようです!

この猫カフェ発祥のお店のオーナーは、どうやら猫にメロメロのようです!

ですから猫にとっても環境が良いようで、店内も非常に清潔にされていて、猫も毛並みが良く、きちんと管理されている様子が伺えるようですから、猫も幸せそうです!

日本からの観光客も増えているようですが、この辺りは猫カフェの数が多いことでも有名のようです!

猫カフェ発祥のお店を目指している方は、間違えないようにたどり着いてください!

↓お役に立てたのならポチッと♪

今回は、猫カフェ発祥の国、台湾にある元祖のお店についての情報をまとめていきました!