読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫の切手が4月に発売!郵便局のセットの猫の種類は?

なんと、猫が切手になって、郵便局が4月からセット販売を行うようです、情報をまとめていきます!

1 猫の切手は4月のいつ発売?

2 郵便局の動物シリーズとは?

3 セットの内容と猫の種類は?

4 切手デザイナーになるにはどうしたらいいの?

 

江戸時代から庶民の間で飼われてきた、日中のほとんどを寝て過ごしているだけの愛らしい猫にとって、郵便局がセット販売する切手になった事実は、喜ばしいことなのかどうかは分かりませんが、猫好きの人間にとっては、どうせ使うなら、可愛い猫の顔が見られる切手を使ったほうが嬉しいものです!

この記事では、郵便局が4月に販売を発表した、猫の切手セットなどについての情報をまとめていきます。

沢山のクリックありがとうございます。人気ブログランキングへ

猫の切手は4月のいつ発売?

f:id:mo88mo:20160226185301p:plain

まずは、郵便局が販売を発表した、猫の切手は、4月のいつに発売されるのでしょうか?

2016年4月22日から販売されることが決定していて、種類は2つで、52円と82円の郵便切手は、シール状になっていて、貼りやすい作りになっているのです!

発行枚数が決まっていて、それぞれ1,000万枚と2,000万枚になっていますから、欲しい方は早めにゲットしないと、あっという間に売り切れてしまう可能性が高いだけでなく、郵便局で4月に発売される切手を購入したとしても、気軽に使える人はどれくらいいるのかなと、思わず考えてしまいますね。

個人的に購入した場合、大切に保存しておく可能性が高いので、勿体無くて使えません!

ちなみに、郵便局が猫の切手を制作するのに使った写真は、フォトグラファーの佐々木信弥さん、富井義人さんなどのプロ(日本、海外)が提供しているようです。

4月から販売が決定した猫の切手作りには、一般社団法人 全国ペット協会が助言などや監修を行い、切手デザインは、日本の郵便局の切手デザイン室に、2015年現在で7人しかいない、切手デザイナーの内、星山理佳さんが担当されていて、シート単位での販売になりますので、一枚だけ欲しいという買い方は出来ません。

郵便局の動物シリーズとは?

実はこれは、郵便局が2015年10月23日から販売を開始した、「身近で親しみのある動物を題材にしたシリーズ」というテーマで、第一弾として犬を切手にしたものを、すでに販売しており、今回の、4月になる猫の切手販売は、この動物シリーズの第二弾として発行されることになったのです!

このアイデアを思いついた方は、時代の流れをしっかりと見ているなと感心します!

現在、犬や猫と暮らしている日本人は数多くいますし、散歩のいらない猫は、その分飼いやすいということで、近年どんどん人気がアップしていて、現在かなりの市場規模になっているのですから、多くの人が関心を持っている動物を、郵便局がセットで切手販売するというのは、意外と使う側にとっては、嬉しいアイデアでもあります!

セット内容と猫の種類

それでは、4月から郵便局が発売する猫の切手の、セット内容はどうなっているのでしょうか?

52円、82円それぞれのセット内容は、10匹の種類の違う猫の写真が使われていて、すでに書いたように、シート販売されますので、購入されるときには、520円、820円となります。

それでは猫の切手に使われる、猫の種類について見ていきましょう!

まずは52円の切手には、次の猫が使われています。

f:id:mo88mo:20160226184109p:plain

● スコティッシュ・フォールド  ● ロシアンブルー ● メインクーン

● アビシニアン  ● ラグドール ● オシキャット ● マンチカン

● ペルシャ  ● トンキニーズ ● アメリカンカール

82円は次の猫が切手に使われています。

f:id:mo88mo:20160226184210p:plain

● アメリカンショートヘア ● ブリティッシュショートヘア ● シャム

● ノルウェージャン・フォレスト・キャット ● ヒマラヤン ●ベンガル

● シンガプーラ ● ソマリ ● シャリュトリュー ● ラガマフィン

4月からセット販売される、猫の切手に使われている写真とデザインを見ると、まるでぬいぐるみのような愛らしい姿です!

猫好きにとってはたまらない商品ですから、セットで両方を買い求めて、大事に額縁に飾ってしまう方もいるかもしれませんね。

ネット上では、猫を使った海外の切手なども販売されていて、珍しいものもいろいろと有りますので、もっと他の国が作っている、猫の切手が欲しい、もしくはただ見たいだけという方も、ちょっとググッてみると、いろんな種類の猫の切手やデザインに巡り会えるのではないでしょうか?

もちろんこれまで日本でも、猫をデザインに使った切手は販売されてきていますので、どんなものがあったのかといった情報もググれば出てきます!

我が家の保護した黒猫のモモのような黒猫を描いた切手も、すでに郵便局が販売していました!

f:id:mo88mo:20160226184623p:plain

 

個人的には、スウェーデンのこちらの黒猫の切手が可愛と感じました。

 

f:id:mo88mo:20160226184933p:plain

切手デザイナーになるにはどうしたらいいの?

せっかくなので、切手デザイナーになるにはどうしたらいいのか調べてみました。

実は、戦後からこれまで、この郵便局の切手デザイン室に勤務した方は、全部で二十数名ほどしかいないそうです!

切手はご存知の通り証券ですから、特殊な仕事でもあります。

そして、この仕事は、欠員が出た時のみ募集されるので、毎年募集をかけるという仕事ではないため、この職業に就きたいと考えていても、倍率も考えると、滅多に募集されないため、まさにタイミングと運が合致しないと、かなり難しいようです!

しかも、この仕事に応募出来るのは、美大や美術系専門学校卒業見込みの人や、コンピューターグラフィックなどで、コンピューターを使ったデザインの専門知識を持っている方だけとなっていますので、一般の方がこの仕事に就くことは出来ないようです!

身近な動物シリーズの第二弾として登場することになった、日本の郵便局が販売をする

猫の切手は、セット販売のみで、一枚から買うことは出来ませんが、4月の発売日には、あっという間に売り切れるのではないかと思われます!

↓ポチッとニャン♪

今回は、4月に猫の切手が、郵便局からセット販売されるという情報をまとめていきした!