読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫は家族(コラム)-2

猫は家族というコラムの第2弾をお届けします!

前回は、飼いきれなくなった家族が持ち込んだ、チンチラという種類の猫と暮らすことになった、という経緯などをご紹介しながら、初めて猫を家族として迎え入れた経験をお伝えしました!

 

母親によって、マイケルと勝手に名前を変えられてしまったチンチラの雄猫は、まだ生後3ヶ月ほどの子猫で、やんちゃ盛り、現在のように、猫ブログまで運営するほど、猫に対する知識や、どうやって対応すればいいのかといった知恵なども一切持っていない状態だったため、子猫の行動が、まったく理解できなかったのです!

家族となった子猫は、夜眠ろうとすると、布団にやってきて、前足をふみふみするのですが、まだ猫と暮らす初心者どころか、超・・・・・・・・・・・・・・・初心者だったため、その行動が怖くてたまらず、何故この猫は、人の布団でこんなことをするんだと、恐怖を感じながら(笑)眺めていたことをよく覚えています。

↓マイケルです

f:id:mo88mo:20160309115111p:plain

ご存知の方も多いと思いますが、猫がこのような仕草をするのは普通のことで、母猫のおっぱいを飲んでいるときにやる行動で、このようにふみふみすることで、お乳の出を良くするための行動だと、一般的には言われています。

当時はそんなことすら知らず、子猫の行動すべてに驚かされ、恐れおののいたりしていたものでしたが、次第に家族の中に溶け込んでいき、母親が非常に可愛がって育てていたので、家に猫がいるという状態ではありますが、まだまだ思春期で、他に興味があることがてんこ盛りにあったため、それほど猫にちょっかいをかけたりすることもない、穏やかな日々が続いていったのです!

f:id:mo88mo:20160309115205p:plain

このコラムを書いているのは、2016年3月6日、近年放送されて人気となったドラマ「猫侍」の中でも、「猫ちゃんは家族よ!」というセリフがあり、今でこそ、大の猫びいき、猫好きとなった私にとっては、心をぐっと鷲掴みにされる言葉ですが、初めての猫体験は、ほとんど親任せで、なんらかの世話をするわけでもなく、意外と諦観しつつ、猫という生き物を眺めていたのです!

そんなふうに、猫を家族に迎え入れて普通の日常が淡々と過ぎていき、子猫はいつの間にか成猫となり、雄だったため、外に出て発情期になると、野良猫と喧嘩をするようになります!

洋猫で、純血種でもあるチンチラが、日本猫の野良猫と、対等に格闘する姿は、かなりの迫力がありました!

運動神経の良さや、威嚇する姿などには何度も驚かされただけではなく、外に出て行く猫にありがちな行動も、マイケルは行うようになったのです!

そう、ネズミや鳥などを捕まえてきては、家に持って帰ってくるのです(驚)!

これには母親が参ってしまい、家の中で「ぎゃーっっ」という声が響くと、「ああ、またマイケルが何かお土産を持って帰ってきたんだな」と思ったものでした!

当時は、これが猫の習性なんだと思っていましたが、これ、実は猫から見た私達人間は、狩りの出来無い未熟な子猫だと思われていて、母猫気分でお土産を持ってくると、現在通説ではこう言われているのです!

・・・ということは、マイケルからみたら、私は未熟な子猫だったのか!

なんじゃそりゃっと、今更ながらにツッコミを入れてしまいますが、猫と一緒に暮らしている方なら分かるかと思いますが、どうやらこの愛すべき生き物は、人間よりも達観しているというか、確かにワンパターンな行動は見られるのですが、人間をジッと見つめて目を覗きこんだり、外を眺めている姿を見ていると、この生き物こそ、人間よりも崇高な、高次元の生物なのではないかと感じてしまうのです!

なんでも、家族となった人間に、お土産を運んでくる猫は、なんらかの理由で、人間に対して、母性本能をくすぐられている可能性があるなんて説も浮上していますが、どちらにしても、猫から見た人間は、世話が焼けるのかもしれません(汗)。

おかしいなぁ、世話をしているのは人間なんだけど、というツッコミも、猫と暮らしている方なら分かると思いますが、通用しないのです(泣)。

アメリカのジョージア州で、2010年11月~2011年10月まで、外で放し飼いにしている55匹の猫を対象にした「屋外の狩猟行動」という調査の結果で、次のようなことが分かったようです!

44%の猫が、狩猟行動を行い、捕らえた獲物を、その場で28%が食べてしまい、49%は、なんとそのまま放置(プレイかっ)したそうです!

そして、23%を家に持ち帰ったのです!

猫が人間語でも喋って、獲物を家に持ち帰る理由を語ってくれるような、バラエティー番組でも出来れば、その理由が分かりますが、徹子の部屋に出てきて喋るわけでもないので、今のところは、これまで書いたような説が、有力であるといわれているようです!

そういえば、黒柳徹子さんは、動物と喋ることが出来るとおっしゃっていた!

いつか、ゲストに犬や猫を迎えて、黒柳徹子さんが翻訳しつつ、トーク番組として成り立たせてくれると、視聴率は相当上がると思いますが、あなたはどう思いますか?

つづく・・・

猫は家族、一緒に暮らしてみなければ分からないことだらけの存在であり、共に過ごす時間が長いからこそ、さらに理解できない存在ですが、まさか猫ブログを書くようになるとは、高校生の頃思ってもみなかったので、人生は展開が読めないですね!