読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤラー(猫)キャットフードの口コミや評判は?

キャットフードの評判

ヤラーというキャットフードについてや、口コミや評判をご紹介していきましょう!

1 ヤラーのキャットフードについて

2 ヤラーのキャットフードの口コミや評判は?

 

完全オーガニックのキャットフードである、ヤラーの製品について情報をまとめていきます!

毎日沢山のクリックありがとうございます。人気ブログランキングへ

ヤラーのキャットフードについて

購入して動画も作成しました↓

オランダ生まれのヤラー、実はこのオーガニックキャットフードを生み出したのは愛犬家のロエルビンク氏でした。

彼が一緒に暮らしていた犬のダノは、大きくなるにしたがい、慢性的な皮膚疾患に悩まされるようになったのです!

様々な病院を渡り歩いたのですが、投薬をやめると、症状は再発するというのを繰り返していたのです。

周囲を見ても、同じようなことで悩んでいる愛犬家が多くいる現実を見て、ロエルビンク氏は、原因を追求していった結果、食べ物だという事実に気づいたのです!

人間だって同じですが、食べているものが原因となって、なんらかの病気を患ってしまうことがあります。

ロエルビンクさんが、ヤラーのペットフードを作ろうと思ったのは、1990年代のことになります!

当時のヨーロッパでは、まだまだオーガニックは主流ではなく、粗悪なペットフードばかりが流通していたのです!

ダノの体調不良は、ペットフードに残留している化学物質だと考えた彼は、自称高品質原材料や、自称プレミアムフードという曖昧さを、どうしても許すことが出来ませんでした。

ですから、オーガニックのペットフードを作る場合、第三者機関に厳正な審査を行ってもらうという方法を編み出しました。

こうして、ダノは健康を取り戻し、家族のロエルビンクさんの考えは当たっていたことが証明されたのです!

1991年に、オーガニック認証団体skal(スカル)の認証を、ヤラーは受けて世に送り出されることになりました!

f:id:mo88mo:20160507145925p:plain

ヤラーはオランダで1992年に設立され、オーガニック先進国のヨーロッパで、オーガニックフードナンバー1に選ばれ続けているのです!

ご存知の通り、オーガニック認定を受けるのは、非常に大変でハードルが高いのです!

様々な厳しい条件があり、作物を作る土地の土は、合成農薬や化学肥料を使っていない栽培方法で、3年以上経過していること、原材料から製品すべてがオーガニック認定基準を守って作られたものであることなど、かなり厳しい基準が設けられています。

ヤラーがオーガニックに拘る理由は、すでに愛犬のところで書いていますが、原材料の持っている、本来の美味しさを感じてほしいという願いや、与えるときに安心感を持てること、さらに健康を維持して、病気への抵抗力を、普段から食べているフードで身につけてほしいという思いが込められています!

そして、ヤラーは、「継続可能な社会」「動物福祉」を掲げていて、動物実験を全く行っていません。

商品づくりには、地球環境に配慮していて、次のようなことを行っています。

● 農薬や化学肥料を使った原材料作りをしない

● ホルモン剤を使用しない

● 合成酸化防止剤を使わない

● 再生可能エネルギーを使用する

● リサイクル可能な材料を使う

しかも、ヤラーは、工場内部を公開して、クリーンであることをきちんと提示している数少ない会社なのです!

工場内は常に清潔に清掃されていて、鶏肉は細かく手作業で処理されています。

そして、最新鋭の品質管理を行っていて、原材料はすべて、生産者の顔が見えるようになっており、主原料となる鶏は、広い大地で平飼いにして、日光をたっぷりと浴びながら運動をしていて、オーガニック飼料を与えられています。

そしてヤラーは、オランダだけでなく、他にはスェーデン、ノルウェーの3カ国で、オーガニック認定を受けているのです。

オーガニック原材料は、トレサビリティ(追跡調査)といって、いつ、だれが、どこで、どのように生産したのかの保証があります。

ヤラーのキャットフードの原材料は、人間の食品と同じオーガニック認証基準をクリアしていて、肥料まですべてがオーガニックなのです。

管理や発送も徹底管理を行い、専用の冷蔵コンテナで輸送した後は、清潔な保管倉庫で管理をして、細心の注意をして発送を行っています!

ヤラーの魚は、自然資源や、水産資源を守って獲られた水産物に与えられる、認証エコラベル「MSC(海洋管理協議会)」の付いている魚を使っているのです!

2013年5月の時点で、このマークが付けられている認証漁業は、全世界で201漁業で、日本では3漁業しか認めれていません。

オーガニックフードを作っているヤラーは、さらに、製造環境にもこだわりがあり、動物愛護、環境保護、安全な食品の製造を最優先事項と考えているので、2009年7月に、ISO22000:2005の認定を受けているのです!

これは、食品安全マネイジメントシステムのことになりますが、これまでは、工場で行う殺菌や異物混入、温度&衛生管理、さらに施設や設備の整備のシステムだったHACCPを、さらに進化させて工場内の衛生管理だけでなく、製造工程での安全性や、トレサビリティ、原材料の調達、製品の成分表示、出荷&輸送までも総括して、安心な食品であることを目指す指針です。

まさに徹底しているのが、ヤラーのキャットフードの大きな特徴になります。

人間でないから、これくらいなら大丈夫だろうという気持すら湧き上がらせない、厳重な状態を作り上げ、こだわった原材料を使い、出荷や輸送、保存にいたるまで、全てに目を光らせて、安全で美味しい、そして動物たちが健康でいられるようなペットフードを作り出しているのです。

ここまでまとめて、あまりの徹底ぶりに、書いている私が驚きますが(笑)、犬の健康で悩んだ経験から生まれたペットフードであるだけに、さすがに愛犬家の思いが凝縮しているなと感心してしまいます。

これが、ヤラーのこだわりであり、キャットフードの作り方です!

それでは、今回我が家が購入したヤラーのキャットフーは、「ヤラーCATチキン」になります。

f:id:mo88mo:20160507150929p:plain

こちらは成猫用のドライフードで、入っている原材料の種類は、驚くほど少ないのです。

それでは、今回購入したヤラーのキャットフードの原材料をご紹介していきましょう。

● 小麦 

● トウモロコシ 

● 鶏肉 

● 鶏内臓肉 

● 全粒小麦

● 鶏脂 

● ひまわりの種皮

7種類の原材料のみで作られているキャットフードは、タンパク質が26%で少なめなのですが、非常にシンプルに作られています。

f:id:mo88mo:20160507150212p:plain

天然素材を使っているので、ロットの大きさはマチマチになります。

100gで378kcalになりますが、アメリカのAAFCO計算基準では、338kcalになります。

とにかくこだわった作り方をしている、完全オーガニックのキャットフードになりますので、我が家では完全オーガニックはこれで2つ目で、アーガイルディッシュを以前購入したことがあります。

国によって基準が微妙に違いますので、この辺りは、何をどう選ぶのかは、家族となった人間が決めてあげてください。

今回購入したのは、グレインフリーではなかったのですが、ヤラーは、グレインフリーのキャットフードも発売しています!

f:id:mo88mo:20160507151101p:plain

こちらだとタンパク質は32%になり、原材料は次のものが入っています!

● チキンミール 

● グリンピース 

● イエローピース 

● ポテトスターチ

● ひまわり種線維 

● 鶏脂肪 

● ニシン

100gで394kcalで、アメリカのAAFCO計算基準では353kcalになります。

こうやって調べていくと、プレミアムキャットフードや、高品質のキャットフードなどを生み出しているのは、もちろん動物を愛する気持ですが、家族となっていた人が、健康に問題を抱える大事な犬や猫のためを考えて、生み出したものも少なからずあるので、個人的には、ペットフードに文句を言うのなら、自分で開発するというその姿勢に、頭を下げたくなる気持になります。

家族の愛が、犬のダノを、皮膚病から救ったことは、胸が詰まるような感動を覚えます。

ヤラーのキャットフードの口コミや評判は?

f:id:mo88mo:20160507151638p:plain

 ここからは、ヤラーのキャットフードの口コミや評判などを見ていきたいと思います。

● 穀物不使用で安いものを探していて購入、猫も食いつきが良かった

● 大事なペットにもやっぱり食事はオーガニックです

● ドライ製品の中では香りがありますが、臭いはきつくありません

● 喜んで食べています

● 病院に行く回数が減り驚きました

● アレルギーでいつも痒がって居ますが、ヤラーを与えると目が腫れません

● すごく喜んで食べてくれました

● もりもり食べてくれて安心します

● アレルギーが出ている猫の体調も良くなりだしたので嬉しくて泣けてきた

● ヤラーは輪になっているので、歯が綺麗になるように感じます、口臭も軽減されます

● どんなものを食べても沢山のニキビが出て、ひっかいては血を流して痛そうにしていたのですが、今では全く出来なくなりました

● チキンとフィッシュを購入しましたが、どちらもお気に入りです

● 毎回飛びついて食べています

● アレルギーで目やにや引っかき傷だらけだったのですが、ヤラーに変えて2週間ほどでスッカリ綺麗になりました

● 食べ物のアレルギー疾患に悩んでたのが嘘のように、今では病院に行く回数も減り、おとなしい子だと思っていたのに、今では元気に家中を走り回っています

● 値段は高めだと思います

● 皮膚病など病気予防を考えればお安いと思います

● 一度死にかけたチンチラ尿路結石症も、このフードにして落ち着いている様子

● うちの猫ちゃんの大好物です

● 多頭飼いですが、全員美味しそうに食べてくれます

● おねだりするくらい食べるようになりました

● 猫ニキビができていたのですが、こちらを食べるようになって良くなってきました

● いくらでも食べる勢いで、残したのを見たことがありません

このように、アレルギー持ちや病気の猫などにも、ヤラーのキャットフードは良い作用をしているようです。

値段が高いという不満以外は、まったく見当たりませんでしたので、相当内容が良いキャットフードではないかと個人的にも、記事をまとめながら理解していきました。


 

病院にかかると、費用がとても高くかかるので、先行投資だと考えれば、それほど高くないのかなとは思いますが、一般的なキャットフードに比べたら、やはり毎日の食事ですから、高いのは否定出来ません。

このように、口コミも評判もかなり高いキャットフードになります。

ウェットフードの「キャットディナーチキン缶400g」の値段が、600円もしていたので、これはさすがに高いだろうと、内容が分かっていてもツッコミを入れたくなってしまいました(笑)。

それだけ、徹底してオーガニックにこだわって作られているのですから、当然値段に反映されるのは仕方がないのかなと思います。

 ↓お役に立てたのならポチッと♪

今回は、ヤラーのキャットフードについての詳しい説明や、口コミや評判をご紹介していきました!