読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫のダヤン、アニメと池田あきこ(作家)について

猫のダヤン、アニメと池田あきこ(作家)について

1 猫のダヤンってなぁに?

2 猫のダヤンのアニメ放送日程

3 作家の池田あきこさんについて

 

昔からなんだか目につく、サバ白という柄の種類であると思われる猫のダヤン、みんなだいすきらしい、そして富士五湖近くにダヤン美術館もあるという、かなり日本でも浸透しているこの猫のダヤンについて、今回は情報をまとめていきます!

猫のダヤンってなぁに?

まずは情報を整理するために、猫のダヤンってなぁんだ?

2015年10月から再度アニメ放送されることが決定している、猫のダヤン、これは、池田あきこさんという絵本作家が創作した、ファンタジー小説&絵本に出てくる架空のキャラクターの猫です!

独特な見た目で、これを読んでいるあなたも、どこかで必ず見かけたことがあるのではないかと思いますが、改めてあれがなんであるか?

など考えたこともないかもしれませんが、もちろん私もその中の1人、よく見かける猫だなぁと思っていたのですが、別段調べてまでなんだか知ろうと思ったこともなく、池田あきこという作家が作ったアニメにもなっている猫だなんて、この記事をまとめるまでは知りませんでした!

だけど、よく目にはしていたので、なんだろうなとは思っていましたが、突っ込んでまで知ろうとしなかったので、いままでノーマークだったのですが、せっかく猫ブログを作っているのだから、猫に関する情報を、しっかりとシェアしようと思い、記事を書いています!

f:id:mo88mo:20151004102509j:plain

猫のダヤンは、アニメになる前に、小説が9作、絵本が23作も作られていて、関連商品などもいくつかあります。

物語の中では、猫のダヤンは、雪の魔法によって、地球から「わちふぃーるど」にやってきたという設定で物語は進んでいくのです!

まずは、猫のダヤンのプロフィールをご紹介していきたいと思います!

誕生日は7月7日11時生まれで、かに座のネコ種です!

凛々しいお顔をした猫のダヤンの性別はオス、出身地はアルス(地球)のリーベントヒルで、家族は弟が2匹います!

もともと猫のダヤンは、アルス(地球)に住んでいた普通の猫だったのですが、ある冬のことです。

わちふぃーるどでヨールカの祭りが行われたときに、この祭りの雪の魔法によって、ダヤンはわちふぃーるどにあるヨールカの街へとやってきたのです!

わちふぃーるどとは、物語の舞台となっている場所で、池田あきこの創作で、かつては地球の一部だったのですが、神々と巨人族が長い間争いをしていて、国土を荒らされることを恐れた雪の神が、わちふぃーるどを地球から切り離して、雪狼と霜狼に守らせたという設定で物語は進んでいきます!

池田あきこの創作したわちふぃーるどは、地球から切り離されて、動物たちが立って歩く世界で、妖精や魔法のいたずらなどで、冒険にあふれた世界観が広がっているのです!

猫のダヤンが魔法で送られてしまったヨールカは、わちふぃーるどのちょうど中央に位置していて、回りを森や海で囲まれている、自然豊かな場所になっています!

ダヤンはこのわちふぃーるどのタシルの街の外れにある森番の小屋で、一人暮らしを始め、うさぎのマーシャや、猫のジダン、ワニのイワン、ネズミのウィリーといった、愉快な仲間も出来て、ちょっとした旅に出たり、冒険をしたり、季節ごとに行われる祭りの準備をしたり、ゆっくりと昼寝をしたりと、自由気ままに暮らす日々を送っています。

f:id:mo88mo:20151004102702j:plain

そして、タシルに来てから、自分に誕生日があることを知り、さらにネズミは食物ではなく、友達だということも分かったようです!

他には、ジダンの妹猫のバニラや、うさぎのマーシーの弟のシーム、同じくうさぎで月のおばさん(マダム・ムーン)や、魔法使いの魔女3姉妹などが出てくる、ワクワクするようなファンタジー小説の中で生きている、それが猫のダヤンです!

池田あきこが創作したわちふぃーるどには、なんと一般的な普通の人間はいません!

そう、猫のダヤンたち動物や魔女や小人、妖精だけが暮らしている、穏やかな場所なのです!

他にも多くの登場動物などが出てくる、心あたたまるストーリー展開で、読者をダヤンワールドへと引き込んでくれる、そんな素敵な作品の中で生きている猫がダヤンです!

1987年から、猫のダヤンを主人公にした物語を、池田あきこが創作するようになってシリーズ化された作品です!

猫のダヤンのアニメ放送日程

作家の池田あきこが、幼少時代からあたためてきた物語だというわちふぃーるどに登場する猫のダヤンは、、すでに一度アニメ放送されています!

2014年4月26日から、TOKYOMXで、毎週土曜日の7:00~、他の局でも放送されていて、今回は第二弾となるアニメ放送が決定されました!

2015年10月17日から、TOKYOMXで、前回のアニメ放送と同じく、土曜の7:00~5分間放送が開始されます!

チャンネルNEKOでは毎週日曜日の9:00~10分間アニメ放送される予定となっています。

映画チャンネルNECO

去年1年間アニメ放送された猫のダヤンは、大好評だったようですから、第二弾の放送が決定したようです!

今回のアニメオリジナル新作での舞台は、ダヤンたちがタシルの街を抜けだして

日本へやってくるという設定となっています!

池田あきこワールドが、アニメとなって再び視聴者の元へ届けられるようですから、ダヤンファンにとっては、嬉しいニュースではないと思われます!

しかも、見ている側にとって、親近感がより湧きやすい、日本を舞台にしたアニメとなっていますので、より楽しめ、ダヤンワールドに没頭できるのではないかと思われますので、猫好き&ダヤン大好きという方は、見逃さないようにチェックしておいてくださいね!

作家の池田あきこについて

f:id:mo88mo:20151004103045j:plain

わちふぃーるどという物語を創作した池田あきこさんについて、ここからはどんな方なのか情報をまとめていきましょう!

1950年に東京の吉祥寺で生まれた池田あきこは、3人兄弟の真ん中に生まれました。

1970年に青山学院短期大学国文化を卒業後は、読売広告社に入社しましたが、1973年に母親が始めた革工房を手伝うようになり、皮の可塑性(かそせい=個体に外側から力を加えて変形させて、力を取り去っても元に戻らない性質)に興味を持ち、皮の立体作品を作り始め、1976年から本格的に革製製品を作り始めました。

1983年に自由が丘に直営店「わちふぃーるど」を開店し、店のマークとして猫のダヤンを誕生させました。

1986年に株式会社わちふぃーるどを設立して、代表取締役社長に就任後の翌年、池田あきこの中で長年あたためてきたわちふぃーるどの世界を、猫のダヤンを中心に作り始め、多くの人にダヤンの存在を広めていくようになりました。

この年に「12の月の物語」を自社で刊行しています。

そして、シリーズ化していきながら、毎年新しい物語を刊行しています!

 

 

猫のダヤン、いろんなところで見かけますが、なるほど、情報をまとめていって、誰が創作して、どんな内容の物語で、この猫は一体なんなのか?

ということがよく理解できました、きっと多くの方はすでにご存知のことだと思いますが、どうやら猫のダヤンとは、わちふぃーるどにやってきた、不思議な猫だということです!

↓お役に立てたのならポチッと♪

今回は、猫のダヤンや、この物語のアニメ放送日、さらに作者の池田あきこさんについての情報をまとめていきました!