読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北川景子の猫(ジル)の種類は?

猫好きな芸能人や有名人 猫の種類

北川景子の猫(ジル)の種類は?興味深いですね!

1 北川景子について

2 北川景子の飼っている猫の種類と名前は?

3 北川景子の飼っている猫の種類の特徴

 

この記事を書いているのは、naomiです。

毎日のクリックありがとうございます!人気ブログランキングへ

女優の北川景子といえば、DAIGOと交際中であることが発覚して、お似合いのカップルじゃないと、好意的に受け入れられている感じもある、人気者でもありますが、もともと、動物が特に好き、といったわけではなかった人物でもあるようです。

そんな北川景子が、現在猫を飼っていて、その子に首ったけであることなどを、公の場でも、普通に話しているようですが、この記事では、北川景子の飼っている、猫の種類などを見ていきながら、人物についてもチェックしてみたいと思います!

北川景子について

f:id:mo88mo:20151020141438p:plain

まずは、多くの人たちから、好感度がとっても高いと言われている、北川景子のプロフィールを覗いてみたいと思います。

1986年8月22日生まれの28歳、兵庫県神戸市出身の女優です。

明治大学商学部を卒業しています!北川景子が女優になったきっかけは、高校2年生の時に、地元でモデル事務所「ノイエ」にスカウトされたことです。

2003年に「ミス・セブンティーンコンテスト」に選ばれて、モデルデビューをしています。

同じ年に、「美少女戦士セーラームーン」の、火野レイ役でも、女優デビューをしていて、順調な滑り出しで、仕事を始めているようです!北川景子の出身地、神戸といえば「阪神・淡路大震災」を、思い出される方もいらっしゃるかと思います、この大きな地震が起こった時、北川景子は、小学校2年生だったそうですよ!さぞ怖かったでしょうね、私の知り合いに、「阪神・淡路大震災」を経験したのに、その後、家族で関東に移り住み、なんと「東日本大震災」も経験したという人がいて、それでも怪我一つ負うことなく、健康で元気な姿をしていたので、驚いたことがあります。

日本で起きた、大きな地震を、両方とも経験する人が、身近にいるというのは、稀なケースだと思いますが、大変だったと思います。

私も、「東日本大震災」を経験した者として、恐怖心や大変さ、身にしみて理解しています。

話を、猫と一緒に暮らしている、北川景子のプロフィールに戻しましょう!読書が趣味と話していて、以前やっていたブログでは、記事をしっかりと書くことでも、有名だったようです。

現在は、公式ブログを更新していて、以前やっていたブログは、閉鎖されたそうですが、読書好きの影響で、文章力に、磨きがかかっているのかなとも思えますが、もともと学生時代から、北川景子は、成績が良かったそうですから、両方の相乗効果でもあるようです。

公式ブログを覗いてみたら、料理もしっかりとやっているようですね!なんでも、「阪神・淡路大震災」を経験から、いろんなことを感じて育ってきたため、「今生きているということが幸せなんです」とも話していて、経験が、彼女の人生観を、大きく変えていったのだろうなと推測出来ますね。

公式ブログには、北川景子が作った料理などが紹介されていて、今年は、お菓子作りにチャレンジしたいといった、意欲を見せる記事を書いています。

北川景子の飼っている猫の種類と名前は?

ここからは、北川景子の飼っている、猫の種類などについての情報を、まとめていきたいと思います!彼女が飼っている猫は、JILL(ジル)君で、2007年5月2日に、北川景子の家にやってきました。

f:id:mo88mo:20150306153326j:plain

先程も書きましたが、もともと動物は好きじゃなかったようですが、ある日、撮影の合間に、マネージャーに付き合って、六本木にあるペットショップ「ZOO」に行ったそうです!そこで、北川景子は、衝撃的な出会いをすることになりました!そう、この愛猫となった、ジルと巡りあったのです!すでに、北川景子と出会った時に、このJILLと名付けられた猫は、生後半年ほど経っていました!一般的には、子猫から育てたがる人が多いため、これくらいになると、引き取り手は、なかなか現れないと言われています。

その日は、後ろ髪を引かれる思いで、一度は店を後にした北川景子ですが、猫のことが忘れられず、数日後の休みの日に、再度ペットショップへ足を運んだとき、まだ猫は売れていなかったため、一匹だけ売れ残ってしまっていた、この猫の行く末が気になり、ペットショップの店員に、どうなるのか聞いたところ、なんでも、「タレント猫になるか、里親探しをするかです」と言われたそうです。

それを聞いて、その場で猫を引き取ることを決断、このような経緯で、北川景子の元へ、猫はやってきたという訳です。

ペットショップに勤務していた家族がいるのですが、やはり売れ残ったりする子は、大きくなって、引き取り手がなくなる場合が多いと話していました。

生後半年ほどで、北川景子に引き取られた猫、ジルですが、種類は一体なんでしょうか?どうやら、メインクーンのようです!オスですから、相当大きくなっているのでは?この記事を書いているのが、2015年ですから、2007年に、北川景子の家にやってきたメインクーンという種類の猫は、8年経っているので、人間で言えば、48歳のシニア猫ですから、そろそろ、老化が始まっている頃ではと思われますね!ペットフードを食べさせているのなら、この時期くらいから、シニア用を使うようにしたほうが、いいと言われています。

そして、運動量が減って、反応や動きも、鈍くなってくるとも言われる年齢ですから、これからは、いろいろと世話をするときに、注意が必要となってくる年齢ですね!2015年3月1日にアップされている、北川景子のブ公式ブログには、大きくなったメイクーンという種類の愛猫が、愛らしい姿で写っています。

北川景子の飼っている猫の種類の特徴は?

f:id:mo88mo:20151020142110p:plain

ここからは、北川景子が飼っている猫の種類、メインクーンについて、見ていこうと思います!私も、家族と一緒に暮らしていた頃に、同じ種類の猫と暮らしていたことがありますが、その子は実は、このブログで、何度かご紹介したかとは思いますが、ある障害を持っていたのです!ちょっと知能に問題がある子で、そのため、メインクーンという種類の、血統書付きの割には、とんちんかんな仕草をしていたので、変わった猫だなぁといった印象を、強く持った覚えがあります。

そして、この種類の猫の特徴は、一緒に暮らした方だと、お分かりかと思いますが、他の猫と比べて、とっても大きく成長するので、当時多頭飼いだったのですが、家にいる別の猫と比べても、メインクーンという種類の猫は、ケタ違いの大きさだなと、驚いた記憶もあります。

北川景子が飼っている猫の種類、メインクーンは、賢くて人懐っこい、温厚な性格なので、飼いやすい子として、有名でもありますね!先程から書いているように、この種類の子は、かなりの大型で、世界一であるとも言われているそうです!わが家にいた子は、障害があったので、賢いといった意味においては、ちょっと首を傾げるしかない仕草や、動きなどをしていて、逆に、不思議な存在感があり、きちんとしたメインクーンと、暮らしたことがありませんから、分かりませんが、確かにおとなしいタイプの種類ではありました。

いつも、自分のしっぽを追いかけるようにしながら、くるくる、くるくる回っていた姿を、今でもよく覚えていますが、障害があって、知能に問題があると言われていたのですが、食べることが好きで、なんだか可愛らい子だったことも、よく覚えています。

北川景子にとって、メインクーンという種類の猫は、動物と一緒に暮らす事自体が、初めての経験だったようです!なんでも、実家がペット禁止のマンションだったため、小さな頃から、生き物と一緒に暮らした経験が、なかったそうですよ!いきなり、初めて一緒に暮らす動物が、メインクーンという、世界一大きな種類の猫になるなんて、面白いご縁ですよね!

北川景子と暮らしている、メインクーンという種類のジル君、彼の原産国は、ニュー・イングランド地方、メイン州だと言われていて、州猫として、認定もされているそうですよ。

起源などは、あまりよく分かっていないと言われています。

猫は人間よりも、はるか昔から存在していたので、起源をさかのぼっていくことは、かなり困難であると、専門家も言っているくらいですから、猫という生き物自体が、不思議なベールに包まれている、なんとも不可思議な存在ですよね!この種類の猫は、平均以上の知能を持っているので、トレーニングなどが、しやすい種類でもあるようですが、わが家にいた子は、もともと平均以上の知能を持った種類だったのに、知能に障害を持っていたということは、一般的な猫よりは、賢かったと考えてもおかしくはないのかな?だとしたら、確かに、不思議な行動をするところもありましたが、基本的には、穏やかな性格で、おっとりとしていて、のんびりと生きていたので、意外と賢かったのかもしれませんね!丁度、北川景子のところにやってきたJILL君は、8歳頃で、老齢に入ってくる年齢ですが、この種類の猫の病気で、気をつけたいものに、肥大性心筋症というものがあるようです!メインクーンという種類は、この病気を、優性遺伝で受け継ぐことが多いと言われているようです。

この病気は、左心室の筋肉が肥大してしまい、硬くなる心筋の病気です。

猫だと、後ろ足の麻痺や、突然死の原因になる場合があるそうですから、注意が必

要と言われています。

この種類の猫の特徴ですが、耳が先が尖っていて、四角いマズルが特徴です。

とても賢いだけでなく、他の猫や、人間と一緒に食事をするのも、嫌がらないタイプだと言われていて、一般家庭で、初めて猫を飼うといった方にとっては、とても飼いやすい子であるとは言われています。

基本的には、3~6・5kgほどに成長すると言われていて、他の種類の猫と比べると、成長するのに時間がかかるようです。

通常の種類の猫なら、大体1歳を過ぎると、体が出来上がって、成猫になりますが、メインクーンという種類は、4、5年かかると言われていて、2010年に、世界最長の猫に認定された子は、なんと!11~12kgの子が出現して、話題となったようです!もし、これだけ大きなメインクーンが、わが家に今居たら・・・なんと、モモは成猫になりつつあるけれど、どちらかというと、とても小さいタイプの子なので、まさに、比べてみると、子猫状態になりますね!確かに、以前一緒に暮らしていた子も、相当大きかったので、体つきは、他の種類に比べて、まったく違う、面白い猫でもありましたね!

世界一大きな、メインクーンの写真を、ネット上で見つけて見た時に思いましたが、これが、おとなしい性格の猫だからいいけれど、凶暴だったら、人間が一緒に暮らせるような類の存在ではないなぁと、ちょっと汗がでるほど、「でかい」と思ってしまいました。

↓大きい猫やメインクーンについてこちらで詳しく書いてます

momosan.hateblo.jp

もう、猫というよりも、違う生き物と言えるくらいの大きさですから、ご興味があれば、探してみてください!

あのフサフサの、優雅なシッポも魅力的な子ですよね!一緒に暮らしていた時、あのおっとりとして性格には、とても癒やされた記憶もあります。

もともと、北川景子は、ペットを買う=人間が、動物を支配するようなものであり、エゴだと思い込んでいたようですが、このJILL君と暮らすようになってから、その考えが、根底から覆ったとも、以前のブログに書き込んでいたようです!

猫を飼っている有名人は多いようですが、やはり、みな言う言葉に、その子がやってきてから、飲み歩いたりせず、仕事が終わると、すぐに家に帰るようになった、などと話す人もいます。

猫は、基本的に、放ったらかしにしておいても大丈夫な、自立した生き物でもありますが、飼い主側のほうが、メロメロ(笑)になることが多いのか、自宅にいる時間が長くなるとも言われていて、この生き物は、どうやら人間を誘惑することに、とても長けているようです!分かっちゃいるけど、この魅力的な存在に、抗うことは、きっと多くの愛猫家には、出来ない話でもあるのでしょう!

↓お役に立てたのならポチッと♪

北川景子の愛猫としても有名なジルくんは、メインクーンという種類、好きな人にとっては、たまらない魅力がいっぱいですよね!