読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫の抜け毛、時期や対策(動画で解説)は?

猫の飼い方

猫の抜け毛、時期、対策にや空気清浄機についても情報をまとめてみました!

こんにちは、naomiです!毎日クリックありがとうございます人気ブログランキングへ

今回は、わが家の保護猫モモさんも、最近、とても抜け毛が増えてしまったので、その対策について、自分も学べ、人の役にも立てる記事になるなとひらめき、この記事をまとめようと思いました。

我が家にいるのは、短毛種ですが、長毛種を飼っている方の中には、掃除などの対策くらいでは、間に合わないといって、空気清浄機などを使っている人もいるようです!のちほど、強力に効果があるといわれるものなどの情報を、まとめていきます。

猫は、春と秋に毛が生え変わり、それを換毛時期と呼びます!この時期になると、抜け毛が増えるのですが、この抜け毛は、死毛と呼ばれていて、対策は、ブラッシングなどをすることで取り除けます。

抜け毛が増えるこの時期は、できるだけこまめに、掃除機をかけたほうがいいようです。

スポンサーリンク

 

なんでも、猫は人間と違って、ひとつの毛穴から沢山の毛が生えているそうです。

ですから、どんどん毛が抜けていきます。

そして、多くの猫が、オーバーコートと、アンダーコートという、2つの種類の毛を持っていて、オーバーコートは長い毛で、アンダーコートは短い毛です。

アンダーコートは、保湿性にすぐれていて、ふわふわしている毛なので、この毛の量を調整することで、体温の調整をしているそうです。

そのため、抜け毛が多く出てくるといわれています。

まずは、基本の、抜け毛が多くなる時期、それ以外の日常での対策ですが、掃除機をかける、コロコロ(粘着テープ)で取り除く、カーペットなどについた抜け毛は、スリッカーブラシで取り除く。

とにかく、猫の抜け毛対策のコツは、普段から、こまめに掃除をすることです!これを億劫がってしまうと、お互いの生活環境が、快適でなくなりますから、綺麗好きな猫にとっては、ストレスとなる可能性も、高くなりますよね。

*簡単な抜け毛対策を動画にしてみました!

抜け毛だけではなく、ほこりがたまらないようにすることは、ノミやダニの繁殖を促進してしまうので、できるだけ、清潔にしてあげることは、病気も含めて、様々なリスクの心配を、減らすためにも大事です。

猫は、基本的には、シャンプーをする必要のない生き物だといわれていますが、やはり、あまりにも抜け毛が多いなと感じられる子は、短毛種でも、毛が生え変わる時期などに、たまにシャンプーをして、しっかりと抜け毛を洗い流してあげるといったケアをしてあげると、いいようです。

シャンプーで肌荒れしやすい子は、お湯で洗い流してあげるだけでも、十分効果的なんだそうですよ。

長毛種となると、毛が舞い上がってしまう生活空間は、仕方がない面もありますが、クイックルワイパーなどを使って、壁や天井の毛を取り除くなどの対策で、生活空間を、清潔に保つことも出来ます。

出来れば、猫と暮らす部屋は、フローリングが快適だといわれていますが、そうはいっても、ウチはカーペットだから、といった、住居環境で悩んでしまう飼い主さんも、多いかもしれませんね。

カーペットなら、掃除機をかけた後、先程書いたように、スリカーブラシや、靴などを洗う、柄つきたわしや、普通のたわしを使って、抜け毛を取り除くという対策方法もあります。

多頭飼いをしてた夫からの情報では、掃除機をかけた後のカーペットの、抜け毛対策には、濡らした手で、ゴシゴシするといいそうです。

他には、ゴム手袋をはめて、ゴシゴシすると、よくとれるようです。

わが家は、フローリングと、畳の部屋しかないので、冬場、敷物のカーペットを敷いた時、コロコロなどの粘着テープを使って、抜け毛を取り除いたりしていました。

個人的には、掃除機、コロコロ(粘着テープ)、そして、きちんとフローリングを拭き掃除するといった、基本の掃除方法で、モモさんの抜け毛対策をしています。

他には、モモさんの体を、きちんとブラッシングして、その後、コロコロ攻撃して、抜け毛を取り除いています。

 *ブラッシング後の状態

f:id:mo88mo:20150423153106j:plain

人によっては、コロコロ代も馬鹿にならないといって、様々な商品を、使っている方もいらっしゃいましたが、こればかりは、何を使うかは人それぞれです。

この記事をまとめるために、情報をいろいろと見ていったら、飼い主さんによっては、空気清浄機を使っていたり、ペットの抜け毛対策用の、掃除機などが販売されていて、それらを使う人もいるようです。

猫の抜け毛対策に空気清浄機は有効なのか?

ただ、空気清浄機については、さまざまな見解があり、ある人は、ダイソンのものがいちばん良かったとか、同じ商品を使っていても、別の人は、空気清浄機など使わなくても、換気したほうが早いだとか、夫に言わせると、空気清浄機があれば、家猫の脱走を防ぐことが出来るなど、いろいろな見解がありましたので、後は情報をシェアしたものを、どう活用されるかは、飼い主さんの判断になります。

ただ、忙しい人で、多頭飼いで、さらに長毛種がいるというのなら、空気清浄機を使ってみるのもひとつの手なのでは?と考えますが、では、猫がいる人で、空気清浄機を使っている方の評判などには、どんなものがあるのか?見ていきましょう!

どうしても毛が生え変わる時期になると、多くの毛が、空中を舞い、それが家の中の隅のほうや、真ん中にでんと落ちている状態は、以前チンチラを飼っていたことがあるので経験済みですので、長毛種を飼っている方で、この毛がどうしようもないという悩みは、個人的にも理解できます。

なんでも、この空気清浄機は、人間用のものだけではなく、ペット専用のものも開発されていて、猫を飼っている人なら、こちらの専用のものがいいと、おすすめしている飼い主さんもいます。

そして、単に人間用と分けて作ったように見えて、実は割高になっているだけなのでは?といった懐疑的な意見もあり、他には、空気清浄機はあまり効果がなく、吸い込む毛の量も微々たるもので、床に落ちてしまった毛などは、掃除をこまめにすることでしか、取り除くことが出来ませんんよという、リアルな回答もあります。

ただ、使わないよりはマシだという意見もあったり、想像以上にホコリは取ってくれた、脱臭機を使ったほうが、意外と取れるという評価もありました。

毛の生え変わる時期は、長毛種がいる家では大変だろうなと、短毛種のモモですら、沢山の毛が抜けていたのを見て思いましたが、空気清浄機を購入することを考えているのなら、やはりそれなりに大きめのものがいいと言われていますので、吸引力などに優れている製品を選ぶようにするのが、ポイントとなるようです!

個人的には、わが家のモモは、短毛種なので、そこまで神経質になることはありませんが、どうしても抜け毛が気になる、もっと気楽に掃除する方法や対策はない?と考えている方は、調べて使うかどうか、検討されてもいいかもしれません。

ですがやはり、基本はこまめな掃除がポイントで、結局は、地道な日々の暮らしの繰り返しでもあるようです、毛の生え変わる時期になると、ため息をつきたくなる人も多いと思いますが、愛すべき猫という生き物と、向き合って暮らす醍醐味は、この地味な作業を繰り返す、原動力にも出来るのではないかとも考えられます。

ペットの臭い対策にもなるといわれている、空気清浄機を使うのかは、人それぞれ好みだなとは思いますが、あなたはどう感じますか?

そして、カーペットなどの敷物を使っている方は、手軽に洗えるタイプのものを使うのがおすすめです。

よく、ホームセンターや、最近では100円ショップなどでも売っていますが、四角い形の、カーペットを組み合わせて敷くタイプのものなどを使うと、汚れた部分だけを剥がして使えるので、清潔に使うことが出来ます。

できるだけ安く、猫の抜け毛が多くなる時期や、普段から対策をしたいという方は、ここまで書いた情報などを使って、やってみてください。

ここからは、お金がかかっても、便利なアイテムで、猫の抜け毛対策をしたいという方に、おすすめの商品です。

猫の抜け毛に効果のあるブラシとは?

なんでも、ヨーロッパを中心に、19秒に一本売れているといわれるほど、効果の高い、獣医やトリマーの視点から、生まれた商品なんだそうです。

これは、安い商品ではないのに、何故これほどまでに驚異的な売れ行きを見せているのか?理由は単純です!飼い主さんにとって、可愛い家族のようなペットに使うものは、やはり皮膚などを傷つけない、長く使えるもので、効果が高いものであるからです。

そして、この商品の特徴は、人間工学に基づいて作られているので、飼い主さんがこれを持った時の、もちやすさや使いやすが、ずば抜けて優れている点です!ごっそりと抜け毛が取れるだけではなく、もともと猫は、ブラッシングを嫌がる子も多いといわれていいますが、これを使うと、逆に喜ぶようになったといった、現場の声があがっているようです。

ただ、抜け毛対策になるだけではなく、猫にはマッサージ効果もあるようで、飼い主さんとのコミュニケーションにもなる、一石何鳥にもなるブラシのようです。

ウサギや、ウマなどにも使用できるそうですが、難点があります!これは、抜け毛を取り除くだけですので、吸い取ることは出来ませんので、抜け毛を、ブラッシングで取り除いたあとに出る、大量の毛は、別で掃除機などをかけたりして、綺麗に吸い込むしかありません。

ですが、他のものと比べても、猫の抜け毛対策には、毛が抜け替わる時期などに使うと、効果が高いものだと、多くの声が寄せられています。

そして、ちょっと毛が飛び散ってしまう場合もありますので、そのあたりも、考慮にいれて、選ぶのは飼い主さんなので、このような商品もありますよと、シェアしておきます。

ちなみに、S・M・Lサイズありますので、ペットの体の大きさに合わせて、選べるのも嬉しいですね!

他には、これは、偽物がかなり出回っているようですから、注意が必要な商品のようですが、効果はかなり高いようです。

ファーミネーターというブラシです!抜け毛を、90%取り除くタイプのもので、抜け毛や、死毛だけを取り除くように作られたものです。

ペットの毛の長さに合わせて、2種類の刃から選べる商品となっているそうです。

取れた抜け毛は、ブラシについた、ワンプッシュの装置で、捨てることが出来て、さらには、こちらも、先ほどのブラシと同じで、人間工学に基づいてデザインされているので、飼い主さんが持ちやすい、使いやすいブラシになっています。

猫やペットの大きさによって、5タイプあります。

こちらも、獣医やトリマーからの推薦があるほど、使い勝手の良いもののようです。

注意事項としては、6ヶ月未満の子には使えません!短毛種用と、長毛種用がありますので、その子に合ったサイズのものを選べます。

商品はいろいろありますが、やはり、いちばん効果が高い抜け毛対策は、どうやらシャンプーをして、ごっそりと流してあげることのようです。

モモはまだ、保護してから洗ったこと(自分でお風呂のお湯に落ちて、濡れたことはありますが)はありません!夏になり、暑くなってきたら、夫が洗うと張り切っているので、それまでは、わが家での、モモの抜け毛対策は、こまめな掃除と、モモの体をブラッシングすること、コロコロをしてあげるなどで、地道なケアをしてあげたいと思っています。

最後に、細かいテクニックやマナーですが、特に毛が抜け替わる時期にブラッシングをする前に、濡れたタオルで、毛をふいてあげると、その後の飛び散りが、少なくなるようです。

そして、マンション住まいの人で、部屋でブラッシングをすると、毛が舞うので、ベランダでやる方もいるようですが、近所から苦情がきたりする場合もあるようですので、自分の家の中には、毛が舞わないかもしれませんが、ベランダでブラッシングをした毛が、他の方の家の窓から入ってしまう可能性も高いので、マナーとして、これは辞めたほうがいいという情報は、沢山でていましたので、ご紹介しておきます。

猫の抜け毛に困っている方も多いのではないでしょうか?毛が生え変わる時期や、普段からの対策として、いろいろとまとめてみました、何かのお役に立ちましたら、幸いです。

スポンサーリンク