読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピーキャット猫の評判や口コミは?

キャットフードの評判

ハッピーキャットという、猫のキャットフードをご紹介していきましょう!評判や口コミなども見ていきます!

1 ハッピーキャットとは?

2 原材料について

3 ハッピーキャットのキャットフードのラインナップ

4 ハッピーキャットの評判や口コミは?

5 無添加だけど、レンタリング問題はクリアしていない?

 

毎日沢山のクリック本当にありがとうございます。人気ブログランキングへ

このブログでは、新しい種類のキャットフードを購入したら、情報をシェアしています!

 

それでは、この記事では、ハッピーキャットのキャットフードをご紹介していきましょう!

ハッピーキャットとは?

ハッピーキャットは、2013年から、ワールドプレミアム株式会社を日本輸入総代理店として、日本国内で販売されるようになった、ドイツ製品のキャットフードです!

1765年、ドイツのバイエルン州で、ミュラー家が製粉所を始めたのですが、これがハッピーキャットの始まりでもあります!

1950年、様々な技術革新によって、機械加工シリアルの製造が始まり、ミュラー家の人たちは、シリアルとドライミートを合わせて、最初のドッグフード作りを始めたのです!

1968年になると、とうもろこしフレーク&ドライミートで、犬の消化吸収に良いドックフードを開発し、これをハッピーキャットと名付けたのです!

最新の栄養学に基づいて、ハッピーキャットのドックフードなどは改良を続けていき、2009年には、ドイツのペットショップで売上NO1となり、日本では、2013年から販売が開始されました!

そして、2015年時点で、なんと世界67ヶ国で販売されるほど人気のある製品へと成長していったのです!

製造されているハッピーキャットのキャットフードは、すべてドイツのバイエルン州で作られています!

しかも、現在のオーナーは3代目、ずっと家族で継承し続けていて、自分たちでレシピも考案しながら、現在も改良を続けています!

ハッピーキャットは、ヒューマングレードにこだわっていて、食材は地元の契約農家から仕入れ、産地もはっきりとした食材を使っているので安心です!

ヒューマングレードとは、人間が食べる食材と同じ基準の食材です。

人間の食だけではなく、犬や猫の食に対して、信頼をキーワードに、このハッピーキャットのキャットフードは作られています!

遺伝子組み換え作物も一切使っておらず、可能な限り安心で安全な食材のみを厳選し、キャットフード作りを行っています。

もちろん、動物を使ったテストなどは行っておらず、内部と外部から、厳しい検査をするようにしているほど、製品に対する信頼を大切にしています。

原材料について

人間だって、日々いろんなものを食べて、バラエティ豊かな食生活を送るほうが嬉しいですよね?

猫はグルメだと言われていて、食にうるさい動物でもありますから、そんな猫のことを考えて、ハッピーキャットでは、さまざまな食材を使い、猫の体調管理や、健康に貢献できるキャットフードを作っています!

原材料には、肉や魚などのタンパク質以外に、次のようなものが入っています。

● 厳選されたハーブ ● チコリ根 ● リンゴ ● 亜麻の実 ● オリジナルカンネ

f:id:mo88mo:20160217141434p:plain

亜麻の実は、英語でフラックスシードと呼ばれていて、人間の世界でも、数年前から知られるようになった植物ですが、オメガ3と6という、脂肪酸を豊富に含んでいるのが特徴で、欧米などでは、古くから健康食品として知られている食材になります!

これは、免疫機能を健康に保つ働きがあり、猫の体の機能を整え、被毛を美しくしてくれる効果があります!

近年、徐々に知られるようになったプレミアムキャットフードなどには、チコリ根がよく使われていますが、これはデトックス効果の高いハーブとして、知っている人は知っている食材になります!

肝機能の働きを促進したり、他の臓器の浄化をしてくれ、消炎効果もあると言われているハーブです!

オリジナルカンネは、発酵穀物で、酵素と乳酸菌を豊富に含んでいて、消化によく、腸内を綺麗にしてくれる働きがあります!

化学合成された保存料や着色料、香料などは一切使っておらず、猫の尿路下部の健康に配慮して、尿のph値をコントロールもしています。

ハッピーキャットで使っているミートミールは、人間も食べられる食用の肉を使っていますので、安心感も高いようです。

そして、ミートミールの原材料は、牛と豚のハラミ肉を75%&25%の割合で混ぜています!

2016年2月現在、日本ではまだまだキャットフードなどに対して、どんな食材を使うかといった厳しい基準が制定されていませんが、ドイツでは厳しく決められていて、次のようなものになっています。

● ペットフードを作るときに使う原材料は、すべて人間が消費するのに適している基準でなければならない!

さらに、食材の使用方法、加熱方法なども厳しく規定されていて、すべての基準を満たしていなければ、キャットフードを作る原料に出来ないのです!

さらに、ドイツバイエルン州にある自社工場には、専属ラボがあり、7人の専属研究員が、原材料と、最終製品の分析を行っているほど、きっちりと「信頼」を大切に、製品づくりに取り組んでいるのです!

ラボとは、LABORATORY(ラボラトリー)という英語で、意味は「実験室&研究所」などになります!

正規ルートで届いた製品を購入した場合、ドイツバイエルン州から日本へは、船で運んできて、25度以下の温度管理をしており、日本に到着してもこれを守っています。

我が家が今回購入したのは、ハッピーキャットの「スプリーム」という製品の中の、ライトという商品ですが、これ、肥満気味猫用ですが、我が家の愛猫は、2016年2月現在で1歳8ヶ月になりましたが、まだ若いだけでなく、まったく肥満ではありません(笑)

家猫ですし、様々な種類のものを試したいなという理由や、冬場は脂肪をため込みやすいので、こちらの種類を購入してみました!

では、ライトの原料を見ていきましょう!

● チキンミール ● ミートミール ● 米粉 ● とうもろこし粉 ● とうもろこし

● 鮭ミール   ● 加水分解レバー● ビートファイバー ● 家禽脂 

● 乾燥レバー  ● アップルファイバー ● 乾燥卵 ● 塩化ナトリウム

● サッカロマイセスセレビシエ(イースト菌) ● 塩化ナトリウム

● 発酵大麦 ● 乾燥海草 ● 亜麻の実 ● チコリ根 ● アーティーチョーク

● たんぽぽ ● 生姜 ● カンバ(葉) ● ネトル  ● セージ ● タイム 

● コリアンダー ● ローズマリー ● リコリス根 ● カモミール 

● メドウスウィート ● ラムソン(ハーブ) ● ビタミン ● ミネラル

● DLーメチオニン ● タウリン ● 天然由来トコフェロール(酸化防止剤)

 このライトは、脂肪分が8.5%で、かなり少ないキャットフードとなっています。

尿石ケアのphバランスは6.0~6.5で、100gでカロリーは324.3kcalです。

~追記記事です~

その後、「グルメで敏感な猫用総合栄養食」のセンシティブのオーガニックチキンも購入したので、こちらの情報もアップしておきます!

こちらは、食物に敏感な愛猫のために、嗜好性や安全性を追求した、極上のレシピで作られたタイプのキャットフードになります。

youtu.be

厳選された最高級の食材を使い、作られた低アレルゲンの製品になります。

次の特徴があります。

● グルテン、グレインフリー

● グルメ猫も納得します

● 消化吸収率90%以上で、お腹が弱い猫にも安心

● 結石の抑制に配慮してphは6・0~6・5

● 天然の食物繊維が、毛玉を排出してくれる

● 消化器ケアに最適

● 被毛やアレルギーのケアに良い

オーガニックチキンは、最高級のオーガニックチキンを使用していて、次の特徴があります。

● 一種類の動物性タンパク質を使用

● 魚やとうもろこしは不使用

● 得にデリケートな猫にオススメです

原料は次のものが入っています。

● オーガニックチキンミール ● 米粉 ● ライスプロテイン ● 家禽油

● ポテトフレーク ● 加水分解レバー ● セルロース ● ひまわり油

● ビートファイバー ● 塩化ナトリウム ● アップルポマス 

● サッカロマイセス・セレビシエ ● 菜種油 ● 塩化カリウム ● 海草

● 亜麻仁 ● ユッカシジゲラ ● チコリ根 ● イースト抽出物

● ミクルシスル ● アーティチョーク ● たんぽぽ ● ショウガ ● ガンバ葉

● ネトル ● カモミール ● コリアンダー ● ローズマリー ● セージ

● リコリス根 ● タイム ● ビタミン類 ● ミネラル類 ● DLメチオニン

● タウリン ● 天然由来トコフェロール(酸化防止剤として) 

エネルギーは100g375・3kcalになり、タンパク質は30%含まれています。

300g入で、アマゾンでは1350円で販売しています。

 

もちろん、我が家の猫の食いつきは上々でございました。

とにかくまだまだ子猫で食いしん坊のナナは、ガッツいてモモが試食しているのに、結局は横取りして食べるという・・・(汗)、食べさしてない猫状態でした。

ちゃんと日々手づくり猫ごはんまで与えているのですが、成長期ですから、仕方がありません(笑)

ハッピーキャットのキャットフードのラインナップ

f:id:mo88mo:20160217141642p:plain

それでは、ハッピーキャットのラインナップを見ていきましょう!

我が家が購入したのは、すでに書いているように、ハッピーキャットのラインナップの中の、スプリームです。

他には次のタイプのキャットフードがあります!

● ラ・キュイジーヌ   ● 療法食

スプリームは、健康を維持したい猫の総合栄養食で、風味も様々なタイプがあり、いろいろな状態や、ライフスタイルに対応している製品となっています!

ラ・キュイジーヌは、食べるものに意外と敏感な猫のために、安全と嗜好性を追求して作られた、低アレルゲンフードとなっています!

さらに。こちらの製品は、グルテンフリー、グレインフリーとなっています。

これは、小麦粉や穀物を、使っていないキャットフードということです。

消化吸収率は90%以上で、下痢をしやすい、お腹の弱い猫に安心なタイプのものとなっています。

療法食は、猫に多いと言われている、慢性腎不全の猫のケアとして与えられるキャットフードとなっていて、マグネシウム、タンパク質、ナトリウム、リンを大幅にカットしている、獣医師がすすめるキャットフードとなっています。

慢性腎不全の猫に対応して、ph値は6.6~6.9になっています。

このように、愛猫の状態や、味の好みなどによって、いろいろと使い分けが出来る製品を製造してくれています!

ハッピーキャットの評判や口コミは?

 

 それではここからは、ハッピーキャットの評判や、口コミについての情報をまとめていきましょう!

● ダントツに食いつきが良かった

● 腎臓病になったシニア猫が食欲不振になり、いろいろなキャットフードを試してみたのですが、これは何故か食べ、その後、ハッピーキャットのキャットフードがきっかけとなり食欲が出てきて、体重も回復してきました。

● 歯が健康でない猫なので、食べられませんでした。

● 食いつきはいいのですが、これを食べるとアレルギーでかゆがり、毛がむしれてしまったので中止しました

● 粒が大きいのでどうかなと思いましたが、食いつきはいいようです

● 腎臓病の猫がいるのですが、腎臓病ケア用のキャットフードは、最初は食べるのですが、そのうち食べなくなり困っていましたが、こちらのハッピーキャットは食べ続けてくれます。

● 腎臓病の子に与えたのですが、食べてくれませんでした

● 多頭飼いをしているのですが、猫によって食べる子と、そうでない子がいます。

● ローテーションの一つにしていて、よく食べてくれます

これまでまとめてきた、数々のキャットフード口コミや評判と変わらず、食べる子と嫌がる子など、様々な様子が見られるようです!

猫も人間と同じですね、ハーゲンダッツのアイスクリームが美味しいと感じる人と、あまり好まず、スーパーやコンビニの安いアイスクリームが好きという人もいますから、哺乳類同士似ているなと、口コミや評判を見ていると、そう笑って感じてしまいます!

 無添加だけど、レンタリング問題はクリアしていない?

それではここからは、キャットフード取り巻く問題の一つである、レンタリング問題について、どうなっているのかといった情報をまとめていきます!

こだわればこだわるほど、気にすればするほど、粗や問題点は見えてきて、出てきて、さらにキャットフードなどを改良する余地が生まれるという状況が、現在のペットフード業界の課題でもあるようです!

レンタリング問題とは、キャットフードに使われている、動物性脂肪の原料に問題があるというものです!

いくら無添加で、動物実験を行っていないと言っても、このレンタリング問題が解決されていないキャットフードになると、それはまた、問題ではといった見解があります!

レンタリングとは、産業的に使用するための加工のことで、家畜などの食べられない部位を集めて熱処理をして、食品添加物、油脂などに加工していることです。

この、レンタリングという言葉は、アメリカの食肉加工業から来た言葉です。

言葉の意味は、脂肪を溶かし、精製して油にするというものになります。

石鹸等の原料にもなり、国内外に工場があります。

詳しいことを知りたい方は、こちらのサイトを御覧ください!

社団法人 日本畜産副産物協会 > レンダリングとは > レンダリングとは

レンタリング加工品の、どんなものを使っていて、さらには、それはどれだけ安全性が高いものなのかといった情報は、キャットフードのパッケージには書かれていません。

この問題をクリアしていない場合、いくら、無添加であるとか、その他のことに関して、大丈夫だという情報を出しても、細かいことをかなり気にしてしまう飼い主さんにとっては、困ることになります。

ということで、総輸入元へ問い合わせをして、次のような回答をいただいたので、情報をシェアさせていただきます!

ハッピーキャットに入っている、家禽脂について、どのようなものを使用しているのかという質問をしました。

 

いつもハッピーキャットをご愛顧いただきましてありがとうございます。

お問い合わせの件につきまして回答させていただきます。

 

まず、ハッピーキャットで使用している家禽脂は、ドイツおよびEU圏内より調達したチキンと七面鳥を使用しております。

 

またドイツでは、ペットフードの製品に使用される原材料はすべて人間の消費に適合するものでなければならないとうい規則があり(EU1774/2002およびEU1069/2009)規則内では原材料に使用してよい部位やその加熱処理方法まで厳密に規定されており、全ての基準を満たすもののみがペットフードの原材料として使用されます。

www.eur-lex.europa.eu

 

ご懸念されていらっしゃるいわゆる4Dミートと言われるようなものはハッピーキャットの製品には該当しませんのでご安心ください。

 

非常に敏速な対応で、回答もいただき、さすが「信頼」を掲げているだけあるのだなといった印象を強く受けました!

 この回答ですから、レンタリング問題に関しては、心配はないようですので、クリアしているという情報になるかと思われます!

↓お役に立てたのならポチッと♪

今回は、ハッピーキャットのキャットフードについての情報や、評判、口コミなどを見ていきました!