読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫が狭い所になぜか入りたがる理由は?

猫の飼い方

なぜ猫は狭いところに入りたがるのか?その理由についてまとめていきます!

1 猫が箱の中に入る理由

2 猫が狭いところに入りたがる理由

 

猫が箱の中や、狭いところに入りたがる理由っていったいどんなものがあるのでしょうか?

いつも沢山のクリックありがとうございます。

猫が箱の中に入る理由

f:id:mo88mo:20160318044946p:plain

● 周囲から身を隠すことで危険を遠ざけるため

● 獲物を狙うため

● ピッタリとフィットした空間を好むから

● 一人になりたい気持のときがあるから

● 野生の頃に寝床としていたときの名残

● 安心するから

狩猟本能の名残から、周囲から身を隠し、危険を遠ざけ、さらに獲物を狙えるということで、箱があると、どうしても入ってしまう理由になるようです。

そして、ピッタリとフィットした空間を猫は好むのは、猫は寝るときに、母猫やきょうだい猫などとピッタリと寄り添って寝るので、こうやって箱に入るだけで、どうやら安心するようです!

f:id:mo88mo:20160318045222p:plain

そして、一人になりたいという気分になったときも、箱のなかに入ってしまうと言われていて、野生の頃の名残で、このような場所を好んで寝床にする習性が残っていることが、箱の中に入る理由になると考えられています。

猫はもともと好奇心が旺盛な生き物です、なので、箱が目の前に置かれると、ニャンだニャンだと覗いてみて、何があるのか確かめずにはいられない性質を持っていて、覗いてみたら、今度は入ってみようかなと考え、入ってみると、ニャンか落ち着くということで、箱を見るとどうしても入ってしまうという習性があるようです。

猫が狭いところに入りたがる理由

箱に入りたがる猫が、何故そうするのかという理由は分かったけれど、それでは、何故猫は、窮屈そうな狭い場所に自ら入っていきたがるのか?

その理由について、見ていきます!

これも野生にいたときの本能の名残で、まだ人間と一緒に暮らしていなかった頃の猫は、獲物を捕まえたら、他の生き物に取られないために、狭くて暗い場所に持って行き、食べていたと言われています。

小さい穴なら、外敵も入って来られないので安心ですし、体の一部がどこかに触れていると、どうやら安心するという説もあります。

猫は家族で固まって眠ったりしますから、やはり体の一部がどこかにくっついていると、精神的にも安心するのだろうと思われますね。

この名残という説と、猫は怪我や病気をすると、狭い場所に入り、じっとして、体力を温存させながら、自然治癒力に任せて回復させるという、野生時代の名残という説もあります。

野生時代の、猫が狩りをする獲物に、ネズミやイタチがいますが、この生き物は、小さな穴の中にいるので、穴を見ると、獲物がいるニャンかもと、思わず飛び込んでしまうとも言われています。

その他には、人間が観察した結果分かったことに、野良猫などは、暗くて狭い場所を住処にすることが分かっているのです。

要するに、先祖から受け継いでいるDNAに組み込まれた、野生時代の習性が、このような様子を見せる理由になるという話になります。

そして、意外と知られていそうでいなさそうな情報ですが、猫は狭い所や箱に入ると、必ず顔を外側に向けるのです。

これは、周りに敵がいなきかどうか監視をしていて、何かが近寄ってきたりすると、すぐに逃げられるようにといういう理由で、常に外側を見られるようにしているのです。

ご存知の通り、お腹が胸よりも長く、猫の内蔵は自由に移動できるだけでなく、胴体が人間や犬と違ってしなやかに出来ているので、曲げたりねじったりすることが簡単に出来るのです。

f:id:mo88mo:20160318045859p:plain

人間や犬は、臓器がしっかりと位置づけられているのに対して、猫の腹膜内の臓器は、自由に移動できるので、しなやかな、どんな姿勢もとれるのです!

ですから、狭いところにも簡単に入っていけ、体が落ち着いてしまい、人間から「ちょっとそこ、狭くないですか?」とツッコミを入れられるような、そんなところに入ると、人間側も驚くような場所にすっぽりと入り込むことが簡単に出来るというわけです!

猫がこのように、箱のなかや、狭い場所にすっぽりとハマり込んでいるときは、すでにに落ち着いている状態なので、ちょっかいを出したりして、気を引こうとしないように、そっと好きなようにさせてあげてください。

↓これはちょっと危険ですね(笑)

f:id:mo88mo:20160318045626p:plain

そして出来れば、猫と一緒に暮らしている方は、ひと目につかない場所に、家猫がすっぽりとはまれ、一人になれる空間を用意してあげると、猫のストレスが軽減するといわれています。

一見、猫は狭いところが好きなんでしょ、という言葉で片付けてしまがちなこれらの習性にも、きちんと理由や訳があったということのようです。

まだまだ、猫に関しては謎に満ちている生きものだと言われていますから、Googleに、猫翻訳機でも作ってもらって、きちんと理由を教えて貰いたいなと考えてしまいますが、まだ人間の翻訳機の性能も、この記事を書いている、2016年3月時点では、完璧とまではいきませんから、急速に発展しているIT技術や、科学の発展を待つか、海外にいる、猫や犬の言葉がわかるという方に、きちんと説明してもらうしかないようですが、個人的に猫とテレパシーで喋れるといいのに、と感じてしまいます(笑)。

↓お役に立てたのならポチッと♪

猫って必ず箱を置くと入るし、狭いところに入りたがる、それってどんな理由があるのといった情報をまとめていきました!