読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫が窓の外を見る理由は?

猫識

猫が窓の外を見る理由、なんでしょうか?

この記事を書いているのは、naomiです。

毎日のクリック本当にありがとうございます人気ブログランキングへ

家猫の多くは、窓の外を見る時間が、多い場合もあるようです!わが家の保護猫モモも、なんだか、ポストカードになりそうな、絵になるような姿で、窓の外をじぃーっと、何を見ているのか分からないけれど、眺めているのですが、その理由って、何かあるのかなといった、疑問が湧いたので、ちょっと調べてみました。

*我が家のモモが窓の外を見ているだけの動画です↓

ということで、この記事では、猫が窓の外を見る理由について、まとめていきます!一般的には、猫が窓の外を見る、その理由については、次のような解釈がされているようです!それは、縄張りを、見張っているというものです。

猫は元々、縄張り意識がとても強い生き物なので、家の中から、窓の外を見ているというのは、猫にとって、家の中は、自分の縄張りとなっているため、外との境界線である、窓の外を見ることで、侵入者がいないかどうか?を、見張っているという説があるようです!完全室内飼いで、猫を飼っている人が、窓の外を見ている猫の姿を見て、「外に出たいのかな?」といった解釈をするのは、こういった理由から間違いであるといえるようです!他にも、猫が窓の外を見る理由はあり、なんでも、猫にとっては、窓の外をじっと眺めているのは、ストレス発散にもなると言われているようです。

ここからは、少し専門的チックな話になりますが、猫が、窓の外を見ている理由ですが、元々猫は、色に感心を示しません!猫は犬と同じで、2種類の錐体視細胞(すいたいしさいぼう)しかないので、青と黄色しか見えていないと、最近の研究で分かっています。錐体視細胞とは、光刺激を吸収して、電気信号へ変換する役割を持つ、視細胞と呼ばれるものの一種です。

f:id:mo88mo:20150319142713j:plain

猫は、様々な色を見分けるのは苦手で、光に対する反応は、異常に敏感です。

要するに、ハンティングする能力があれば、生き延びられるので、動くもの(光に対する反応)が早いのだと、受け取っていただければと思います。

動物行動学では、猫は、赤や緑なども、おそらく灰色に見えているだろうと予測されていて、猫の脳には、色を比較する神経は、ほんの少ししかありません。

ある物体の他の違いや、明るさ、模様、形、大きさなどのほうが、色よりも、猫にとっては必要なのだろうとは、言われているようです。

そして、猫は、とても大きな目を持っていて、その難点としては、焦点を合わせにくいといったものがあり、人間の目には、近い距離のものを見るために、レンズを曲げる筋肉があるのですが、猫は、レンズ全体を、前後に動かしているようですから、しばしば、目の焦点を合わせようとしないのでは?と考えられているようです。

これは、外猫と家猫では違いがあり、外に出かける猫は、いくぶんか遠視であり、家猫は、近視になりがちだと言われているようです。

なるほど、こういった観点から、猫が窓の外を見る理由について考察してくと、縄張りの中にいる室内猫が、しばしば外を見るのは、もちろん縄張りを見張るとか、リラックス効果もあるでしょうが、猫を観察していると、耳をよく動かしていて、聴覚を使っています、猫は、超音波レベルの音まで拾っているとも言われているので、なんらかの音に反応をしながら、猫にしか見えないものや、人間が理解できない、なにかをキャッチしている可能性も、否定は出来ないのかもしれませんね。

個人的見解ですが、日があたっている窓辺は、猫にとっては、太陽を浴びることが出来る場所でもありますから、太陽の光が必要であることを、自然と理解している猫が、窓の外を見ながら、光合成をしているといった、見方も出来ると思います。

実際に、猫がぽかぽかの日差しの下で眠ったり、毛づくろいをした後は、毛がさらさらしていると言われるのですが、この理由は、毛についた水分を、ひなたぼっこすることで、蒸発させていることや、日に当たると、体温が上がり、血行も良くなり、食事から摂取した栄養を、体の隅々にまで行き渡らせることができ、内臓の働きも活発になっていくため、皮膚や猫の毛などにも、良い効果があり、毛艶も良くなるからだと言われています。

それだけではなく、こうやって、太陽を浴びることで、皮膚病を予防しているといった可能性も指摘されています。

そして、紫外線を浴びることで、猫の体毛の表面に付着している細菌を、殺菌消毒している可能性もあるようです!他には、紫外線を浴びることで、ビタミンDを、合成しているといった説などもあります。

これには、他の説もあり、猫は光合成していないといった、見解もあるようです。

先程書いた、ビタミンDを、合成している話しも、食事から摂れていればいいので、それは違うといった見解もあります。

動物行動学によると、光合成云々という話よりも、猫は一日のリズムを、おおよそ感じていて、猫の、日々の自由継続周期は、日の出と共に、毎日リセットされるそうです。

スポンサーリンク

 

そして、周囲の状況などから、大体今は、何時くらいなのかといった手がかりを、猫は賢く得ていると言われていて、さらには、猫はどんな環境にいたとしても、誇り高い生き物であるため、少しでも、自分にとって、安全で、快適な環境を探そうとすることを、決して諦めない生き物なので、窓辺は陽が当たる場所でもあり、まったりと、くつろげる環境でもありますから、猫にとっては、安全なうえ、いつでも周囲を見渡せる場所にいれば、自分に身の危険が迫ったら逃げられるように、窓の外を眺めながら、実は、いろんなことを、リサーチしまくっているのでは?などとも考えられれるようです。

 猫を、研究している方も、おっしゃっていましたが、まだまだ分からないことだらけの、不思議な生き物なんだそうです、人間が、猫の全てを理解できる日は、来るのかどうかは分かりませんが、神秘的な謎に、包まれている部分があるほうが、私個人としては、面白くて楽しいかなとは思います!そして、縄張りの話ですが、あくまでも個人的な見解ですが、メス猫は、そんなに縄張り意識が強くないので、あまりメスには関係ないのかなといった見解も、出来るのかなとも思えます。

猫が窓の外を見ながら、「ケケケ、カカカ」などといった鳴き声を出すことがありますが、あれには、次のような理由があるようです。

モモも、時々、窓の外を見ながら、カカカ、ケケケなどといった、奇妙な声を出すことがありますが、その時、窓の外を見ると、鳥がいます。

なんでも、猫は、狩りが出来るような生き物を見つけると、こういった鳴き声を出すそうです!先祖のDNAが騒ぐようで、猫が頭の中で、目の前の鳥などを見て、狩りをしているイメージをしながら、テンションをあげていると、考えるといいようです!

結局、猫が窓の外を見ている理由について、こうだと言い切れるものは、分かっていないようだということしか、分かりませんでした(汗)。

モモが人間語を覚えてくれたら、話を聞くことが出来るのにと、ちょっと残念に思いつつ(自分が猫語を修得することは、頭にないのか?といったツッコミを、自分に入れておきます・・・笑)、分からないからこそ、猫の存在は、面白いとも考えられますから、窓の外を見る理由は、個人的には、哲学的な顔をして、窓の外を見ているので、いろいろと、猫にしか分からないものを、観察しつつ、リサーチしているといった見解に落ち着きました。

部屋の中にいないな?と思って窓を見ると、外を眺めている、なんだか聡明そうな猫の姿を発見!そんなときは、そっとしておいてあげるのが、いいようですね!

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク