読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫の手作りごはんレシピ(牛肉、オクラ、エリンギ、こめ油)

 猫の手作りごはんレシピ(牛肉、オクラ、エリンギ、こめ油)編のご紹介!

こんにちはnaomiです。毎日のクリックありがとうございます人気ブログランキングへ

今回の手作りごはんレシピは、メインが牛肉ですが、トッピングは、オクラやエリンギなどです!このレシピブログの記事も、どんどん増えてきていますが、モモさん、ほんとに、なんでも好き嫌いなく食べる猫に、成長してくれました。

スポンサーリンク

 

ただ、やはりまだ若いので、どちらかというと、淡白な白身魚よりは、肉派のようで、油が好きなところは、人間の若者そっくりです!それではまず、動画のほうをご覧ください。

材料ですが、脂身の少ない牛肉と、大きめのオクラ、エリンギ、こめ油です!

先程も書きましたが、モモはまだ、1歳になっていない若い猫なので、油や肉のほうが、好きなようです!白身魚も、与えると食べるのですが、いまいち食いつきや反応を見ると、人間の言葉で言えば、「なんかテンション下がるんだよね」って、つぶやいているような態度なので、分かりやすくて面白いです!やはり、猫も年齢によって、食材の好みも変わるようですね!白身魚は、どちらかというと、やはり、シニア猫におすすめの食材だと、いえるようですが、これもまた、猫によります。

わが家のモモは、どちらかというと、まだまだガッツリ食べたいお年ごろ!

牛肉やこめ油の栄養などは、別の記事で書いてありますので、省略します。

まずは、エリンギの栄養から見ていきましょう!カロリーは100g24kcalで、1本だと12kcalとなります。

ナイアシンパントテン酸が多く含まれていて、肉料理などには合う、食材のひとつでもあります。

栄養価はそれほど高くはありませんが、味に癖がなく、どんな料理にも合うので、家に置いておくと、便利な食材です!エリンギに含まれる食物繊維は、「不溶性」といって、水に溶けない特質があるため、腸まで届くので、便秘などの予防や、改善に効果があります。

栄養に含まれるナイアシンは、血流を良くする働きがあります。

わが家で、きのこを手作り猫ごはんに使う理由は、とても単純です!食物繊維が摂れるようにという考えです。

次は、オクラの栄養を見ていきましょう!7月~9月が旬の野菜ですが、最近では、フィリピン産のものを、スーパーで度々見かけるようになりました。

カロリーは100gあたり30kcalで、オクラのネバネバは、ペクチンという食物繊維の仲間と、ムチンというタンパク質の仲間です。

べくチンは、腸の調子を整えてくれ、ムチンは、胃の粘膜を保護して、タンパク質の消化や、吸収を助けてくれるので、牛肉などの消化に時間がかかる、肉類などのトッピングに使うといいのでは?

f:id:mo88mo:20150427162409j:plain

栄養としては、カリウムやカルシウム、βカロテンが豊富に含まれています。

中医学(漢方)などからみると、オクラという食材は、「腎」を強くしてくれる食材であると言われています。

何故なら、黒いものや、ねばるものが腎を強くすると、漢方では考えられているからです。

夏は、整体的には、腎臓が活発化する季節であるといわれていて、そうなるとこの時期は、腎臓を酷使してしまうことも多いのです。

何故なら、暑いので水を沢山飲んだり、冷たいものを食べて、体を冷やすので、腎臓がフル回転してしまうからです。

経験したことがある方も、多いかもしれませんが、人間は、秋ごろ具合が悪くなりやすいのですが、このような状態が、夏に、体内で起こっているので、使いすぎた腎臓が疲れてしまい、体内に疲労がたまっているため、秋口に、体調を崩す人が増えるとは言われています。

猫も、腎臓を悪くすることで有名な動物ですが、腎臓を強くしてくれる食材であるなら、旬の時期に、できるだけトッピングに使ってあげて、腎臓病予防をするのもありかなと、個人的に思います。

夏野菜は、水分がタップリと含まれていますから、自然な食材から摂れる水分は、やはり、生き物の細胞に、吸収されやすいので、水分不足になりにくいと、私は思います。

ただ、日本には四季があり、寒い冬に夏野菜を食べると、体を冷やす作用がありますから、やはり野菜も、できるだけ、旬のものを選び、大根や白菜は、100g中94・6%、95・2%と水分量が多いので、積極的に使っていきつつ、冬は、鶏がらスープや魚のだし汁などの、暖かいスープで、ほっこり体も温まるような、水分補給という考え方が、自然かなと思います。

ここからは、飼い主さん向けの、簡単、ヘルシー、そして美味しいレシピをご紹介!オクラ料理、「オクラとトマトのさっぱりごまおかか和え」なんていかがでしょうか?

2人分の材料です。

オクラ4~6本、トマト中1個、玉ねぎ1/4個、ポン酢大さじ4、煮きりみりん大さじ1、白すり胡麻とかつお節適量。

オクラは塩茹でして斜め切りにする、トマトは食べやすくカットする、玉ねぎは薄切り、塩もみして水にひたし、水気を切っておく。

みりんを一度沸騰させて、アルコールを飛ばし、煮きりみりんを作ります。

全ての材料を、調味料で和えれば出来上がり!ポン酢がなければ、醤油とお酢を1:1で合わせて使ってください。

煮きりみりんがない場合は、砂糖小さじ1を加えます。

飼い主さんが、手作り猫ごはんを作ったときに、あれ、今夜のごはん、もう一品欲しいなといったときなどに、ちょこっと作れるので、便利ではないでしょうか?

猫の手作り猫ごはんレシピ、今回は牛肉、オクラ、エリンギ、こめ油編でした!また違うトッピングを、ご紹介しますので、お楽しみに~

スポンサーリンク