読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫の種類「ナポレオン」ってどんな猫?

猫の種類「ナポレオン」ってどんな猫?

1 ナポレオンって何?

2 ナポレオンの特徴や性格は?

3 ナポレオンの飼い方や気をつけたい病気は?

4 ナポレオンの入手方法と値段は?

 

猫の種類で、ナポレオンという品種がいるようです!

あまり聞き慣れない名前の猫ですが、一体どんな種類の猫なのでしょうか?

詳しく情報をまとめていきましょう!

毎日沢山のクリックありがとうございます。人気ブログランキングへ

ナポレオンって何?

まずは、ナポレオンという猫の種類について見ていきます!

1996年に、犬の種類の一つ、バセットハウンドのブリーダーをしていた、ジョセフ・B・スミス氏という方がいるのですが、彼が「マンチカン」という種類の猫と、「ヒマラヤンエキゾチックショートヘア、ペルシャ」と交配させて生み出した、新しい種類の猫なのです!

元々ジョセフ氏は、マンチカンという種類の猫に魅了され、後ほど書いてある理由がきっかけとなり、猫のブリーダーも始めたのですが、好きなタイプの猫を、さらに魅力的にしたいと考え、15年もの間改良を重ねながら研究を続けていき、このナポレオンという種類の猫を誕生させることに成功したのです!

ナポレオンは、マンチカンの魅力の特徴である短い足と、ペルシャなどの魅力である長毛種独特の、綺麗な被毛を併せ持った、非常に魅力的な猫として誕生する事ができたのです。

すでにTICAという、アメリカの猫血統登録団体にも登録されていて、正式に認められているのです!

2015年に、ナポレオンという名前から、「メヌエット(Minuet)」という名前に変更されていますが、この記事では、旧式の呼び名で情報をまとめていきたと思います!

原産国はアメリカで、この種類の猫は、短毛種と長毛種がいます!

TDCAという、小型の猫の登録を専門に行っている機関にも登録をされていて、体重は2~4kgほどしかないので、小さめな猫が好きな方にとっては、非常に愛着がわくタイプの種類となります!

ジョセフ氏が、ペルシャ以外の猫の血統を入れた理由は、呼吸器系の疾患にかかりやすい、ペルシャ独特のあの「鼻ぺちゃ」な部分を取り除くためや、ペルシャ好きにとっては、凛々しい姿が好みだといわれてるので、これらをアピールするためだったといわれています!

 ジョセフ氏は、1995年6月に、マンチカンという種類の猫がいることを知り、この品種に夢中になりました。

ですが、マンチカンは御存知の通り、足が短いのが特徴ではありますが、足の長い子も生まれてきます。

これらのタイプのマンチカンは、あまり好かれなかったため、捨てられてしまうことが多く、保護センターに連れて行かれる子が多かったのです。

この事実を知り、マンチカンという種類の猫の短足の固定化をしようと、この活動に専念するようになったのです!

これが、ナポレオンを生み出すきっかけとなったのです!

2001年にTICAに仮登録したのですが、実はジョセフ氏の望むような姿に、ナポレオンは近づかず、2008年に、彼はこの育種計画を降りてしまいます!

その後、サム・テート、ガードナーといった、現在のナポレオンのブリーダーが後を引き継ぎ、2016年現在、世界中でナポレオンのブリーディングが行われています!

そして、ナポレオンという種類は、長毛種や短毛種のあらゆる毛色や、共通する特徴としては、鼻が低いことと足が短いこと以外、見た目的に固定化されているとは言いがたいため、ナポレオンを新種と認めない血統団体も存在するため、キャットショーなどに出される機会などはあまり多くないようです!

これらが原因となって、日本でも認知度が低いため、ナポレオンは希少性の高い猫の種類となっているのです!

ナポレオンの特徴や性格は?

f:id:mo88mo:20160207051254p:plain

それではここからは、現在ではメヌエットですが、旧式の名前ナポレオンの特徴や性格についてまとめていきましょう!

ナポレオンという種類の猫の特徴は、耳が小さく、先端は丸く、顔も丸みがあります。

首は太く、体格もしっかりとしていて、短い四肢を持ち、体全体も丸みがある可愛らしい姿となっています。

マズルはペルシャほど低くなく、鼻先にはストップがあります。

マズルとは、口、顎、鼻を含む、猫の口の辺りのことで、ストップは、前頭部とマズルの間にある鼻筋のくぼみのことです!

ナポレオンという種類の猫の大きな目は、ブルーかグリーン、被毛の色は、フォーン、グレー、ブラック、ブラウン、スモークがあり、毛包からは6本の毛が出ているため、非常にゴージャスな被毛をしているのも特徴となります!

手触りも柔らかくて心地良いといわれていて、マンチカンの愛らしさにこれらの被毛がマッチして、さらに愛くるしい姿となったのです!

体躯はセミコピータイプとなります!

momosan.hateblo.jp

詳しいボディータイプの説明は、上の記事を参考にされてください。

ナポレオンの性格ですが、マンチカンの好奇心旺盛で活発な面と、ペルシャの甘えん坊な面を併せ持ち、警戒心も少ないため、非常に人懐っこいタイプです!

成猫になるまでは、かなり活発に遊んで欲しがるようですから、しっかりと子猫の頃は運動させるようにして遊んであげてください。

ナポレオンの飼い方や気をつけたい病気は?

f:id:mo88mo:20160207051409p:plain

短毛種なら1日に一度のブラッシング、長毛種なら2回ほど行ってあげてください。

活発に動くので、出来るだけ運動がしやすい環境を作ってあげ、動き回りやすい状態になるようにしてあげてください。

体は小さいですが、運動量が多く、活発に動きますが、筋肉質な体型をしているため、食事管理をしてあげないと太りやすくなってしまいますので、肥満には十分注意をしてあげてください。

猫の肥満は、様々な疾患の元になりますので、太らせないように気を配ってあげてください。

ペルシャが入っているため、先ほども書いたように、呼吸器系の疾患にかかりやすい遺伝子を持っていますが、育種をすることで、その可能性を取り除いてはいますが、影響を全く受けないということもありませんので、気を配ってあげるようにしてください。

短頭種には、角膜炎や流涙症など眼病が起きやすいといわれていて、ナポレオンは、呼吸器疾患同様に、このような疾患にかかりにくくなるように、マズルは短くなり過ぎないように育種されてきたのですが、個体差はあるので、気をつけたい症状です!

遺伝性の疾患などでは、肥大型心筋症などの心臓の疾患や、嚢胞腎などに気を配ってあげましょう。

それぞれの疾患の特徴は、こちらの記事にまとめてありますので、参考にされてください。

猫の種類で病気になりやすい品種は? - 捨て猫がグルメ黒猫になったブログ!

ナポレオンの入手方法と値段は?

すでに書いた通り、日本ではナポレオン(現在はミヌエット)は認知度が低く、知っている方のほうが少ないほどまだ一般的な猫の種類ではありません。

それでも、日本国内にもブリーダーがいますので、扱っているブリーダーに連絡をとってみるのが一番分かりやすい入手方法になります。

国内ではまだまだ希少性が高い種類の猫ですから、どこででも扱っているというわけではないかと思いますが、大手ペットショップなどなら、相談に乗ってくれるところもありますから、そちらに問い合わせをしてみるのも、入手方法との一つとなります!

値段ですが、やはりブリーダーによってマチマチで、調べてみると、短毛種よりも長毛種のほうがやはり高いようで、5万円台~20万円以上と、幅があるようです!

↓お役に立てたのならポチッと♪

まだまだ珍しい種類の猫であるナポレオン、マンチカンの可愛さと、ペルシャなどの美しい被毛が入った、触り心地の良さそうな可愛らしい猫です!