読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保護猫カフェ!(東京編)

保護猫カフェ東京編をまとめていきます!

ブログを読んでいただき本当にありがとうございます!人気ブログランキングへ

日本では、まだ殺処分される生き物が、現在も多くいるのが現実です!そして、保護する団体なども増え、そういった活動も活発化してはいますが、引き取り手のない保護猫達が、まだまだ多くいるのも現実です!この記事では、東京にある、保護猫カフェについての情報をご紹介した後、アニマルポリスについてや、日本の、生き物に対する現状などについても、まとめていきたいと思います。

f:id:mo88mo:20150508163812j:plain

それでは、まずは、保護猫カフェ東京編を見ていきましょう!そもそも、保護猫カフェとは、いったいなんでしょうか?最初に書いたように、現在日本では、まだまだ、殺処分される犬や猫が多く存在します!ここ数年、野良猫の保護活動も、かなり活発化していき、フリーアナウンサー滝川クリステルは、一般財団法人クリスティル・ヴィ・アンサンブルを設立し、理事に就任され、殺処分所から、犬や猫を引き取っている団体などを、支援していたり、様々な動物の保護活動の輪が、どんどん広がっています!これらの、殺処分所から引き取られてきた猫達を、保護猫カフェで、多くの方と出会ってもらって、新しい家族になってもらおうと、現在全国に、こういった保護猫カフェが出来ています。

いっぺんに、全国の保護猫カフェをご紹介することも出来ませんし、また、すべてのものを紹介することも難しいので、できるだけ、駅から近い場所にある、東京の保護猫カフェを、ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

今回は東京編ですので、都内にある、保護猫カフェを見ていきましょう。

↓雰囲気が伝わるように簡単な動画を作成しました!参考になれば幸いです

東京NPO法人東京キャットガーディアン(TCC)です!この保護猫カフェは、東京の豊島区大塚と、府中市西国分寺、そして蒲田にあります。

まずは、豊島区大塚ですが、JR大塚駅から、徒歩5分ほどのところにある保護猫カフェです。

定休日は火曜日となっていますので、出かける際には、曜日をきちんと確かめてください。

東京都豊島区南大塚3-50-1 ウィンドビル5F

(03)5951-1668

平日14時~20時 土日祝日 13時~20時

サイトのリンクを貼っておきますので、詳しいことはそちらを御覧ください!

http://www.tokyocatguardian.org/open_shelter/otsuka.html

西国分寺の保護猫カフェは、JR西国分寺駅から、徒歩7分ほどのところにあります。

こちらも、定休日は火曜日となっています。

東京都府中市武蔵台3-43-9 エクセレントTR 1F

(03)5951-1668

西国分寺シェルターのご案内 - NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

保護猫カフェ蒲田とらくんは、JR蒲田駅東口を出た方向にあります。

東京都大田区蒲田5丁目20-7 K520ビル8F

(03)5710-2504

http://tora.cafe-neko.jp/

次は、東京の練馬区にある、保護猫カフェで、名前は「えこねこ」です。

西武池袋線江古田駅」南口から徒歩1分のところにある、クリニックが運営してい

ます。

東京都練馬区旭ヶ丘1-73-1 三田ビル2F

(03)6914-4818 営業は12時~22時

ねこカフェ「えこねこ」|桜台ペットクリニック|練馬区・動物病院

次は、東京の秋葉原にある、「まちねこ」です!できるだけ、駅から近いところとは思っているのですが、スペースを必要とする保護猫カフェですから、人気エリアの秋葉原駅から、少し歩いてしまいますが、JR山手線の秋葉原、神田駅からそれぞれ、徒歩10分、都営新宿線岩本駅A1出口からも、徒歩10分ほどかかり、駐車場は完備されていませんので、車で出かける方は、近くのパーキングなどを利用するしかないようです。

東京都千代田区神田須田町2-8-4第二神田須田町ビル5F

(03)6206-8132 営業時間 12時~20時

火・金定休日

http://machineko.okoshi-yasu.net/

次は、東京練馬にある、保護猫カフェ、「ハッピーねこちゃん」です!こちらは、予約制の、公開型シェルターとなっているようです。

西武池袋線の、石井町公園駅から徒歩2分の場所にあります!こちらは、再度強調しておきますが、予約が必要で、駐車場は完備されていません。

東京都練馬区石井町3-25-3 本橋ビル4F

保護ねこカフェ はっぴーねこちゃん

次は、東京中野にある、「ねこの缶詰」です!JR中野駅北口を出て、まっすぐに進んでいくと、すぐに見つかります。

定休日は、水曜日と、第一、第三木曜日となっています。

営業時間は、平日12時~20時、土日祝日:11時~20時

東京都中野区中野5-68-9 AKビル3F tel(070)6522-2225

猫の缶づめ -トップページ-

浅草の老舗猫カフェのご紹介!名前は「ねこ園」で、常に11~20匹いる保護猫の、里親を募集しています。

定休日は毎週火曜日で、それ以外は、11時~21時まで営業中です!東武スカイツリーライン駅から徒歩6分、東京メトロ銀座線浅草駅から徒歩6分、都営浅草線浅草駅から、徒歩7分、つくばエクスプレス浅草駅から、徒歩9分のところにあります。

東京都台東区浅草3-1-1馬道妙見屋ビル6F TEL(03)3876-3813

東京・浅草の猫カフェ。浅草ねこ園 Cat Cafe Asakusa Nekoen Tokyo,Japan

次は、東京御茶ノ水にある、保護猫カフェ「ネコリパブリック東京」です!この記事を書いている時期は、まだ東京店はオープン前のようです!Facebookのみがあり、実はこちらの保護猫カフェは、岐阜県と大阪にあり、東京は初進出となるようです。

こちらの保護猫カフェは、2022年2月22日までに、日本の猫の殺処分をゼロにするといった意識を持って、活動をしているところです。

岐阜や大阪のサイトをリンクして、まだオープン前の東京店は、Facebookのリンクを貼っておきます。

ネコリパブリック:里親探しの自走型保護猫カフェ

https://www.facebook.com/necorepublicTOKYO

東京の八王子で、保護猫カフェを開いているのは、「はちねこかふぇ」です。

開催日は決まっていて、水土日祝日(年末年始はのぞく)13時30分~17時までの営業ですから、短めなので、よく確かめてお出かけください。

このように短い時間だと、猫の負担も減りますから、個人的には、よく考えてくださったシステムだなと、感心しました。

JR京王線高尾駅南口から、徒歩1分のところにあります。

東京都八王子市八沢町1298-5 丸子ビル2F

電話の受付は、10:00~19:00までですので、きちんと確認してください。

(080)5496-8838

八王子保護猫活動「はちねこ!カフェ」

東京都多摩市にある保護猫カフェ、「たまねこ」は、小田急線、京王線多摩センター駅から、徒歩で10分ほどのところにあります。

東京都多摩市落合1-19-16 パークタマ2F

(042)316-5220

駐車場が1台分だけあるようですので、事前に確認されたほうが安心です。

 営業時間ですが、11時~21時30分、定休日は毎週木曜日となっています。

ねこカフェ たまねこ|多摩センターの癒やし空間、ねこホテルも併設

次にご紹介する保護猫カフェは、犬もいます!東京の下町、曳舟にあり、全て、地域やセンターなどから保護した猫や犬です!名前は「CATS&DOGsCAFE」です。

東京都墨田区向島5-48-1 TEL(03)5247-7979

東武伊勢崎線曳舟駅改札口右手から、徒歩10分ほどのところにあります。

こちらも駐車場はありません。

スポンサーリンク

 

猫だけではなく、犬も一緒にとお考えの方は、こちらに行かれると、両方共に会えるようです!

CATS&DOGS CAFE

保護猫カフェ以外の、普通の猫カフェなども、東京には多くありますが、これらは、1998年に、台北にオープンした猫カフェが、世界中に広がったようです!台北猫カフェのコンセプトを、観光客が、自分の住む国に持ち帰ったことから、どんどん広がったといわれています。

日本で初めて猫カフェが出来たのは、2005年で、場所は大阪でした!2015年3月現在、東京には、40を超える猫カフェがあるようです。

猫ばかりではなく、他の様々な動物や爬虫類、そして猛禽類カフェなんてものがあり、人間に癒やしを与えてくれる場所として、人気が高くなっていますが、動物側のストレスにならないよう、配慮も必要となります。

そして、アメリカやイギリスには、アニマルポリスという仕事が存在するそうです!これは、動物に関する犯罪を、取り締まる組織や職名のことです。

イギリスでは、この職業は、とても人気があって、毎年2000人応募しますが、採用されるのは、20人ほどだということです!ただ、犯罪者への、逮捕するといった権限はなく、法律の知識を理解して、告訴するそうです。

そのための研修期間は12週間、もちろん動物を捨てるといった行為も、告訴の対象になります。

イギリスでは、インスペクターと呼び、動物が虐待されていたり、捨てられていたら、見つけた人が通報するのが、常識になっているようです。

他にも、海外には、名称が違いますが、動物虐待を取り締まる、専門の執行機関を持っているところもあり、日本にまだ、「動物愛護法」はあっても、それを取り締まる、専門的な執行機関がないので、まだまだ、世界に比べると、生き物に対する意識が、低いのが現状のようですが、保護猫カフェなどや、NPO団体、様々な団体などが、保護活動や、里親探しといったシステムを構築しながら、日本での殺処分をゼロにしようと、現在、協力しあって活動をしているようです。

この記事では、保護猫カフェ東京編の情報をまとめていきました。